2016年04月29日

ハシビロコウ 「ビル」来園35周年 伊豆シャボテン公園、世界最長寿 /静岡【毎日新聞2016年4月29日】

 伊東市富戸の伊豆シャボテン公園で28日、全長約1メートル、体重約6キロの大型の鳥、ハシビロコウ「ビル」(雄)の来園35周年記念イベントが行われた。ごはんタイムで餌のコイを食べに、コンクリート壁の「ビルの部屋」から放し飼いのバードパラダイスに姿を現し、ファンらが盛んに写真を撮っていた。

 ハシビロコウはコウノトリ目ハシビロコウ科で、アフリカ東部から中央部の湿地や草原に分布する絶滅危惧種。ビルは推定46歳以上で世界最長寿とされ、人間では90歳以上。1971年にスーダンの動物園から来日し、進化生物学研究所(東京都)の飼育を経て81年のこの日来園した。

 イベントではスタッフがハシビロコウについて解説し、その後ビルの絵が入ったバッグなどを展示販売した。

 会社を休んで東京都清瀬市から日帰りで来たという阿部真里子さん(34)は「神々しいのに時々つまづいたりするのが好きです」と見つめていた。【梁川淑広】
http://mainichi.jp/articles/20160429/ddl/k22/040/356000c

ttp://archive.is/2REf7

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: