2016年04月30日

旭山動物園、夏営業始まる 屋内施設が人気【どうしんウェブ2016年4月30日】(ペンギン)

水中を気ままに泳ぎ回るアザラシに、歓声を上げる家族連れ(大島拓人撮影)
 大型連休の初日に合わせ、旭川市旭山動物園(東旭川町倉沼)が29日、夏の営業を始めた。時折雨が降る肌寒い天気だったが、訪れた家族連れらはペンギンやアザラシなどの愛らしい姿を楽しんでいた。

 この日の旭川市内の最高気温は、開園直後の午前9時40分の5・2度で、3月下旬並みの寒さ。開園式では、西川将人市長が「アムールトラの出産もあり、秋にはさる山のリニューアルも予定しているので、多くの人に訪れてもらいたい」とあいさつした。

 屋内施設を中心ににぎわい、来園者らは円柱水槽をくぐるアザラシや水中トンネルを泳ぐペンギンの姿を盛んにカメラに収めていた。空知管内新十津川町から家族で訪れた高橋茉夕(まゆ)ちゃん(4)は「ペンギンがかわいくて、楽しかった」と笑顔を見せた。

 動物園グッズが当たる抽選券を5月5日まで来園者に配布している。夏の営業は11月3日までで無休。開園時間は10月15日までが午前9時半〜午後5時15分、16日以降は午後4時半まで(いずれも入園は午後4時まで)。(笠原悠里)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0265069.html

大型連休 防寒しっかり【読売新聞2016年4月30日】
屋根に雪が積もった駅舎の前で鐘を鳴らして愛を誓うカップル(29日、帯広市幸福町で)=山田靖之撮影
 さあ、大型連休入り――。道内は29日、発達中の低気圧の影響で雪や雨が降ったが、観光スポットには早速、人々が繰り出した。札幌管区気象台によると荒天は30日にかけて続き、平野部を含む広い範囲で雪が降る見込みだ。同気象台は積雪や路面の凍結、高波などに注意を呼びかけている。

 ◆「幸福の鐘」響く…帯広

 帯広市の旧国鉄広尾線・幸福駅では夫婦らが愛を誓う「ハッピーセレモニー」が始まった。この日は2組の参加者が、訪れた人々から温かい祝福を受けた。

 帯広市のイベント会社が、新婚カップルなどの旅の思い出にと、ドレスやタキシードの貸し出しと写真撮影を有料で行っている。

 名古屋市の会社員、森崎耕平さん(26)は、大阪での挙式前に「北海道の祖父母に姿を見せたい」とイベントに応募した。森崎さんと「幸福の鐘」を鳴らした新婦の彩あさりさん(26)は「いい思い出になりました」とほほ笑んでいた。

 ◆網走・北見 冬再び

 網走市の観光施設、博物館網走監獄は雪景色となった。配島淳・事務局長は「大型連休初日の雪は、やはり痛手だ。明日以降の好天に期待したい」と語った。

 埼玉県所沢市の会社員島村和児さん(44)は「この時期に雪を見てびっくり」と話していた。

 今季の開園日となる予定だった北見市若松の遊園地「北見ファミリーランド」は、雪の影響で遊具の安全が確保できないとして休園となった。施設を管理・運営する北見都市施設管理公社の担当者は「(開園できず)がっかり」と話した。

 同市公園町の野付牛公園では、雪が降る中、今季の貸しボートと売店の営業が始まった。昨年は初日に100組以上が利用したが、この日は午前中の1組2人だけだった。管理棟の男性スタッフ(62)は「この雪では仕方ない」と表情を曇らせた。

 ◆ブルッ 夏季開園…旭山動物園

 旭川市の旭山動物園では、今年度の夏季開園が始まった。11月3日まで無休で開園される。午前9時半の開園時には約200人が列を作った。開園直後には園内の温度計が4度を示し、防寒着姿の来園者も目立った。

 「ぺんぎん館」の行動展示には、カメラやビデオを手にした家族連れらが詰めかけ、頭上をペンギンたちが泳ぐと歓声が上がった。家族3人と北海道旅行に来た横浜市保土ヶ谷区の会社員大浦啓輔さん(39)は「映画で見たことがある空飛ぶペンギンを初めて生で見て、ものすごく感動した。寒さは想定外」と笑っていた。

 ◆美唄彫刻教室に40人

 美唄市の「安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄」では、世界で活躍する同市出身の彫刻家・安田侃かん氏が直接、指導する彫刻教室「こころを彫る授業」が始まった。5月1日まで。道内外から参加した約40人は、安田氏の助言を受けながら、作品づくりに打ち込んだ。

 同館は今年度から野外彫刻公園から美術館になった。安田氏は「少しずつ作品を増やし、広げて、美術館となった。世界の人に来てもらえるようにしたい」と話していた。安田氏はイタリアなどを拠点に創作活動を展開中で、緩やかな曲線の抽象的な作風で知られる。
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20160430-OYTNT50027.html

ttp://archive.is/OzC9y
ttp://archive.is/5cGos

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: