2016年04月30日

外来生物の現状知って 面河山岳博で剥製など展示【愛媛新聞ONLINE2016年4月30日】(ソウシチョウ)

【写真】石鎚山系などに定着している外来生物「ソウシチョウ」の剥製などが並ぶ展示
 石鎚山など四国で確認済みの外来生物について紹介する展示「ソウシチョウ〜四国の外来生物は今〜」が29日、愛媛県久万高原町若山の面河山岳博物館で始まった。6月19日まで。
 ソウシチョウは中国南部などに生息する野鳥で、石鎚山系などに定着している代表的な外来生物。日本固有の生態系を乱す外来生物の現状を知ってもらい、飼育する際などのマナーについて考えてもらおうと、博物館が春の企画展として開催した。
 展示はソウシチョウの剥製や、生態を紹介するパネルが並ぶ。ソウシチョウと同様にササやぶに巣を作るため、影響を強く受けるとされるウグイスの剥製も公開し、日本の在来種との競合についても解説。アライグマやセアカゴケグモなど、海外原産の他の生き物についても説明している。
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160430/news20160430512.html

ttp://archive.is/ZUAUu

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: