2016年05月01日

【茨城】ラムサール条約登録の涸沼沿岸  交流拠点施設オープン【東京新聞2016年5月1日】

オープニングイベントを楽しむ人でにぎわった「夕日の郷松川」=大洗町で

 昨年五月、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録された涸沼(ひぬま)沿岸の大洗町成田町に建設された交流拠点施設「夕日の郷松川」が三十日、オープンした。オープニングイベントとして竹馬や竹細工などの昔遊び大会やカヌー体験、バーベキュー講習会などが無料で開かれ、大勢の家族連れらでにぎわった。
 施設は木造平屋で約二百五十平方メートル。涸沼産のシジミや地元農産物を販売する直売所、調理場、畳敷きの交流室、トイレ、シャワー室などを備えている。地元住民でつくる「夕日の郷松川管理運営協議会」が指定管理者となり、今後はカフェの営業や週末の農作業体験会の開催などを予定している。
 施設の敷地内から涸沼を一望でき、遠くの空に筑波山の形もくっきり。町の担当者は「涸沼に沈む夕日の美しさは必見。都会に住む人たちに子ども連れでぜひ遊びに来てほしい」と話していた。オープニングイベントは一日も午前十時〜午後三時に開催する。 (成田陽子)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201605/CK2016050102000155.html

ttp://archive.is/nGhBV

posted by BNJ at 23:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: