2016年05月04日

ハクチョウ ひな5羽誕生 お尻ふりふり、お散歩へ 茨城【毎日新聞2016年5月4日】(コブハクチョウ)

散歩を終えて親鳥に守られながら巣に戻るコブハクチョウのひなたち=茨城県龍ケ崎市で2016年5月3日、安味伸一撮影
 茨城県龍ケ崎市高須町のふるさとふれあい公園付近の旧小貝川で、コブハクチョウのひな5羽が誕生した。3日はぽかぽか陽気に誘われるように親鳥の先導でお散歩。巣に上がるときは懸命にお尻を振りながらよじ登っていた。市観光物産協会の菊地義正理事によると、ひなの誕生時期は例年並み。2日ほど前に生まれたらしい。【安味伸一】
http://mainichi.jp/articles/20160504/k00/00e/040/162000c

ttp://archive.is/DCkmi

posted by BNJ at 23:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: