2016年05月04日

白鳥 ふわふわ 赤ちゃん、4月に10羽生まれる 太宰府 /福岡【毎日新聞2016年5月4日】

レタスをついばむ赤ちゃん白鳥=4月28日撮影
 太宰府市五条の日本経済大学福岡キャンパスのイングリッシュガーデンの池で、つがいの白鳥2組から4羽と6羽の赤ちゃんが生まれ「可愛い」との声が飛んでいる。

 2組は約8年前、筑紫野市の医師から譲られた。1組目は4月23日にふ化。両親の間で、4羽がレタスをついばんでいた。2組目は同27、28日にふ化したばかり、母親の羽の下に潜り込みピヨピヨと鳴き声が聞こえ、時々姿を見せていた。2組目から昨年生まれた4羽のうち、2羽が同じ池で元気に遊んでいる。

 また、庭園のバラは黄金週間中が2、3分咲き、下旬には見ごろになりそう。昨年は5月に1万人が訪れたという。【勝野昭龍】

〔福岡都市圏版〕
http://mainichi.jp/articles/20160504/ddl/k40/040/335000c

ttp://archive.is/LETnu

posted by BNJ at 23:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: