2016年05月09日

奈良)オウムさん、ふわふわ 大和郡山でとりまつり【朝日新聞デジタル2016年5月9日】

オウムをなでる女の子=大和郡山市のふれ藍工房綿元

 鳥と触れあう「春のとりまつり」が8日、大和郡山市北郡山町のふれ藍工房綿元(わたげん)で開かれた。品評会や小鳥のオークションがあり、家族連れが楽しんだ。

 県内外の愛鳥家でつくる「やまと愛鳥会」が催し、春と秋に開いて今年で10年目。この日はジュウシマツやセキセイインコなど計約100羽が品評会にエントリーし、一般参加者が投票した。

 実際に触ったり手に乗せたりできるコーナーもあった。2羽のインコを飼っている五條市田園の小学校1年、七井楓(ふう)さん(6)は「大きなオウムに初めて触ったら、とてもふわふわでした」と話した。(石本登志男)
http://www.asahi.com/articles/ASJ58515YJ58POMB008.html

ttp://archive.is/XriYP

posted by BNJ at 23:04 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: