2016年05月14日

富山)ライチョウ12個採卵へ 3施設で人工飼育【朝日新聞デジタル2016年5月14日】(既報関連ソース多数)

人工飼育されたオスのライチョウ=3月25日、富山市ファミリーパーク提供

 環境省は12日、絶滅が心配されている国の特別天然記念物ライチョウの人工飼育のため、来月にも長野・岐阜県境の乗鞍岳で卵を採取すると発表した。人工飼育事業は昨年始まり、今年が2年目。飼育施設は、昨年取り組んだ東京・上野動物園、富山市ファミリーパークのほか、過去に飼育実績がある大町山岳博物館(長野県大町市)が新たに加わる。

 昨年は卵10個を集めたがひなが次々と死に、今は富山市ファミリーパークにオス3羽だけが生き残る。今年は卵12個を集め、4個ずつ3カ所で育てる予定。メスが成長すれば来春にも繁殖できる可能性があるという。今月末に現地調査を行い、7月ごろまでかけて卵を集める。

 ファミリーパークの山本茂行園長によると、昨年は上野動物園でひな5羽が全て死んだため、今年は両園ともファミリーパークと同じ方法で育てるという。山本園長は「生育技術を確立するのに非常に大事な年になる。メスがいれば来春には人工増殖を目指したい」と話した。(小坪遊、吉田真梨)
http://www.asahi.com/articles/ASJ5F4CPLJ5FPUZB00D.html

長野)今年もライチョウ採卵へ 3施設で人工飼育【朝日新聞デジタル2016年5月13日】
孵化(ふか)後2週間ほどのライチョウのヒナと母親=2013年7月、北アルプス乗鞍岳、中村浩志さん提供

 環境省は12日、絶滅が心配されている国の特別天然記念物ライチョウの人工飼育のため、来月にも長野・岐阜県境の乗鞍岳で卵を採取すると発表した。人工飼育事業は昨年始まり、今年が2年目。飼育施設は、昨年取り組んだ東京・上野動物園、富山市ファミリーパークのほか、過去に飼育実績がある大町山岳博物館(長野県大町市)が新たに加わる。

 昨年は卵10個を集めたがひなが次々と死に、今は富山市ファミリーパークにオス3羽だけが生き残る。今年は卵12個を集め、4個ずつ3カ所で育てる予定。メスが成長すれば来春にも繁殖できる可能性があるという。今月末に現地調査を行い、7月ごろまでかけて卵を集める。

     ◇

 大町山岳博物館で、国の特別天然記念物のライチョウの人工飼育を12年ぶりに再開することが12日、決まった。飼育は上野動物園と富山市ファミリーパークを含む計3施設で実施。絶滅の危機が心配されるライチョウを人の手で飼育し、雛(ひな)鳥の生存率を高めたうえで、無事に繁殖させる技術の確立を目指す。

 ライチョウの人工飼育は、環境省などが取り組む保護増殖事業の一つ。今年は来月にも、乗鞍岳で12個の卵を採取し、うち4個を同博物館へ搬送。人工孵化(ふか)させて飼育する計画という。

 ライチョウは高山に生息し、自然環境の異なる低地での飼育は難しい。昨年、乗鞍岳で採卵した10個のうち、9羽が孵化(ふか)。しかし、現在も生育しているのは富山市ファミリーパークのオス3羽のみとなった。

 環境省によると、同博物館を新たな飼育施設に加えたのは、過去の実績と飼育施設を増やすことでリスクを分散できることが理由という。1963年、同博物館は国の許可を得て、日本で初めてライチョウの人工飼育を始めた。その後、約40年間、5世代にわたる繁殖に成功した。だが、2004年、最後のオス1羽が死んでから飼育を中断していた。昨年から飼育再開に向け、近縁種でノルウェー産のスバールバルライチョウの人工飼育に取り組むなど準備を進めてきた。

 大町山岳博物館でライチョウ担当の宮野典夫指導員は「スバールバルライチョウの飼育経験も生かし、繁殖技術の確立を目指したい」と話した。(小坪遊、近藤幸夫)
http://www.asahi.com/articles/ASJ5D73BJJ5DUOOB00V.html

ライチョウのふ化・飼育3施設で 環境省発表【共同通信2016年5月12日】
 環境省は12日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」のふ化・人工飼育を、昨年実施した上野動物園(東京)と富山市ファミリーパークに、今年は長野県大町市の大町山岳博物館を加えた3施設で実施すると発表した。

 国による人工飼育の取り組みは昨年に続き、2回目。大町山岳博物館はライチョウの飼育・繁殖の経験があり、ひなの生存率向上が期待される。

 環境省の計画では、5月末から生息地の乗鞍岳(岐阜、長野)に調査に入り、6月上旬の産卵期に卵4個を採集して上野に運ぶ。同月下旬の抱卵期に採集する8個は富山と大町が受け入れる。
http://this.kiji.is/103418067841041908?c=39546741839462401

ttp://archive.is/VH7Iz
ttp://archive.is/bNnoe
ttp://archive.is/RVslM
ライチョウ人工繁殖 今年も…ファミリーパーク【読売新聞2016年5月13日】
長野)今年もライチョウ採卵へ 3施設で人工飼育【朝日新聞デジタル2016年5月13日】
大町山岳博のニホンライチョウ、来月にも飼育再開【信濃毎日新聞2016年5月11日】
ライチョウの飼育状況確認 世界愛鳥基金委員、富山市ファミリーパークで【北國新聞2016年4月28日】
石川)地域と種の保存のために常に進化 いしかわ動物園【朝日新聞デジタル2016年4月23日】
(教えて)動植物園の新しい認定制度、どういうものなの?【朝日新聞デジタル2016年4月19日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: