2016年05月15日

羽ばたけトキ 「純野生」トキ7羽目の誕生確認【新潟日報モア2016年5月15日】(既報1ソース)

 環境省は14日、佐渡市で「純野生」に当たる、7羽目のトキのひな誕生を確認したと発表した。職員が同日撮影した映像で、親鳥が給餌をする姿を観察できた。

 ひなが誕生したのは、2歳雄と3歳雌のペア。野生下生まれ同士の5組全てから、「純野生」のひなが生まれたことになる。7羽のうち1羽は姿が見えず、死んだとみられている。

 野生下生まれ同士のペアも含め、17組から少なくとも36羽のひなの誕生、生存が確認されている。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20160515254764.html

「純野生」トキ新たに1羽 新潟・佐渡【産経ニュース2016年5月14日】
 環境省は14日、新潟県佐渡市で、野生生まれの国の特別天然記念物トキのペアに、ひな1羽が誕生したことを新たに確認したと発表した。「純野生」のひな誕生は7羽目。このうち1羽目のひなは姿が見えなくなり、死んだとみられている。

 環境省によると、平成26年生まれの雄と25年生まれの雌の巣の様子を14日午前、ビデオカメラで撮影。映像を確認すると、ひなに餌を与える様子が写っていた。ひなは12日以降に生まれたとみられる。

 この親鳥を含め、野生生まれのペアは5組確認されており、全てのペアからひなが誕生したことになる。
http://www.sankei.com/life/news/160514/lif1605140026-n1.html
http://mainichi.jp/articles/20160515/k00/00m/040/065000c

共同ソース同文のため割愛。
ttp://archive.is/CHAQm
ttp://archive.is/LFgKT
ttp://archive.is/iBee6

タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 12:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: