2016年05月19日

ウミネコ ふ化確認 今年も新しい命が誕生 八戸の蕪島 /青森【毎日新聞2016年5月19日】(既報1ソース/既報関連ソースあり)

 ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている八戸市鮫町の蕪島で、今年も新しい命が誕生し始めた。蕪嶋神社につながる階段横の巣では17日、2羽のふ化が初確認され、18日には別の巣でさらに2羽が確認された。

 茶色の産毛に覆われたひなは親鳥に見守られ、羽ばたく日を待つ。監視員の渡辺八男さん(81)は「毎年見ているが、感動する。無事に育って元気に飛び立つのが楽しみ」と話す。初確認は昨年より1日遅いという。

 ふ化のピークは今月末ごろ。7月には巣立ちの季節を迎え、島を離れるという。【塚本弘毅】
http://mainichi.jp/articles/20160519/ddl/k02/040/218000c

ウミネコのひなが産声 蕪島で新たな命【デーリー東北2016年5月18日】
体を寄せ合うウミネコのひなと親鳥=17日午後3時35分ごろ、八戸市鮫町の蕪島

 国の天然記念物に指定されているウミネコの繁殖地・蕪島(八戸市鮫町)で17日、今年最初のひなが確認された。巣の中では、ふわふわとした茶色いまだら模様の産毛に覆われた2羽のひなが、親鳥の胸の下から愛らしい姿をのぞかせている。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20160518/201605170P136120.html

ttp://archive.is/r9y03
ttp://archive.is/QjJjq
ウミネコ 産卵始まる 神社再建で寄付募集も 青森・蕪島【毎日新聞2016年4月20日】
ウミネコ営巣へ場所取り 蕪島前広場に築山【河北新報オンラインニュース2016年4月7日】

posted by BNJ at 21:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: