2016年05月18日

【主張】トキ野生繁殖 回復へ40年ぶりの朗報だ【産経ニュース2016年5月18日】

 日本海に浮かぶ佐渡島で、国の特別天然記念物トキの子育てが行われている。

 野生世代のペアから初めてひなが生まれ、育っているのが、今年の繁殖期の朗報だ。

 日本産トキは平成15年に絶滅した悲しい過去を持つ。環境省は中国産のトキを人工繁殖させて、20年から佐渡島での放鳥を続けている。

 こうした放鳥トキのペアから、人間の手を借りない自然繁殖世代のトキが生まれ、この自然生まれ同士を両親に持つ本格的な「野生児」トキが目下、成育中だ。

 自然界にはカラスやテンなどの天敵もいるが、美しい色の翼を広げて大空を舞うまで無事に育ってもらいたい。

 自然生まれ同士の両親の下で、ひなが育ち始めたことの意義は大きい。トキの個体群が絶滅以前の状態に立ち戻れたことを意味しているからである。

 絶滅以前の最後の野生ひなの誕生は、昭和51(1976)年のことなので、40年ぶりの記念碑的な出来事なのだ。

 このことは、いったん失った野生生物を復活させることが、巨額の費用を要するなど、いかに大変であるかを物語っている。

 普通なら、まず不可能な復活劇だが、トキの場合は日本産と中国産が分類学上、「ニッポニア・ニッポン」という同一種であったので運良く回復への道が開けた。

 環境省と新潟県佐渡市の努力もさることながら、トキが野生復帰できたのは地元の農家の協力が大きい。冬季も水田に水を満たしたり、農薬を控えたりすることで、ドジョウなどを好んで食べるトキの餌場を確保した。

 里地里山を舞台にした人間とトキの共存の実現だ。トキが暮らす環境の水田で栽培した米は、消費者の間で人気が高い。トキたちからのお返しである。

 国内のトキは11日の時点で355羽を数えるまでに増え、うち149羽が野山で暮らす。このほか、47羽が約束に基づいて貸与元の中国に返還されている。

 鳥類の個体数回復では、ライチョウについても環境省に努力してもらいたい。高山にすむこの鳥は温暖化の影響で生息域が狭まっている上に、山麓から侵入してくる外敵に脅かされている。トキでの失敗をライチョウで繰り返すことは何としても避けたい。

http://www.sankei.com/column/news/160518/clm1605180002-n1.html
http://www.sankei.com/column/news/160518/clm1605180002-n2.html

ttp://archive.is/y8pj9
ttp://archive.is/Cgome
トキ野生ペアのひな、すくすく成長…足輪も装着【読売新聞2016年5月17日】
羽ばたけトキ 「純野生」トキ7羽目の誕生確認【新潟日報モア2016年5月15日】
トキ ひな9羽に新たに足輪【新潟日報モア2016年5月14日】
トキ 「純野生」ひな5羽すくすく 関係者、今月下旬にも巣立ち期待 佐渡 /新潟【毎日新聞2016年5月13日】

posted by BNJ at 11:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: