2016年05月19日

バードカービング&野鳥写真展 本物そっくりの木彫り 来月6日まで 延岡 /宮崎【毎日新聞2016年5月19日】

自作のバードカービングを見つめる佐藤さん(左)。壁の野鳥写真は田崎さんの作品
 本物そっくりの木彫りの野鳥や写真を展示する「バードカービング&野鳥写真展」が、延岡市牧町の河川資料館「リバーパル五ケ瀬川」で開かれている。6月6日まで。入場は無料。

 市内のカルチャープラザで開講する佐藤浩栄さん(83)と受講生6人が、実物大に野鳥を彫り彩色した。スズメやメジロなど身近な鳥からヤマセミ、ハイタカなど、めったに見ない野鳥まで44種71点。

 「観察力と自然を愛する心があれば誰でもできます」と佐藤さん。「東南アジア産のジェルトンという木が原料。銅線を使って脚を工夫するなど、より自然に近い物を目指しています」と説明した。

 会場には市内在住の写真家、田崎州洋(くにひろ)さん(80)らの野鳥写真も展示。一瞬の動きを逃さない見事な写真に、入場者らが見入っていた。【荒木勲】
http://mainichi.jp/articles/20160519/ddl/k45/040/383000c

ttp://archive.is/U1AM1

posted by BNJ at 21:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: