2016年05月20日

三次にウミウ「援軍」さらに5羽【中国新聞アルファ2016年5月20日】(既報関連ソースまとめあり)

気性の激しい新入りの鵜とスキンシップを取る鵜匠
 「三次の鵜飼(うかい)」の鵜が暮らす三次市粟屋町の鵜共同飼育場に19日、新たにウミウ5羽が届いた。1〜3月に鵜14羽が相次いで急死したのを受けて、茨城県日立市に急きょ購入を申し込んだ10羽がそろった。
(ここまで 101文字/記事全文 268文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=248942&comment_sub_id=0&category_id=112

ウミウ 茨城から届く 三次、来月1日「鵜飼開き」 /広島【毎日新聞2016年5月20日】
ウミウに小魚を与え、スキンシップを図る鵜匠=広島県三次市粟屋町の鵜共同飼育場で、岡本幸信撮影
 三次市の鵜飼(うかい)に使うウミウ5羽が19日、茨城県日立市から三次市粟屋町の鵜共同飼育場に到着した。6月1日の鵜飼開きに向けて訓練する。

 新たに届いたウミウは生後1年4カ月で、最も大きい個体で体長45センチ、体重4キロ。鵜匠らは早速、カゴからウミウを取り出し、水と小魚を与えてスキンシップを図った。

 三次市の鵜飼は昨年4月に県無形民俗文化財に指定された。しかし、今年1〜3月に14羽が相次いで病死し、11羽だけに。鵜飼の存続が危ぶまれ、市観光協会が市と県を通じて日立市にウミウ10羽の提供を依頼した。既に5羽が届き、この日に10羽がそろった。

 三次鵜飼伝統文化振興会鵜匠会の日坂文吾会長(42)は「元気で大きな鵜で一安心」と胸をなで下ろした。【岡本幸信】
http://mainichi.jp/articles/20160520/ddl/k34/040/588000c

ttp://archive.is/Vr0FQ
ttp://archive.is/QfLZL
鵜飼のウミウ5羽到着 三次【中国新聞アルファ2016年5月12日】
三次の鵜飼守れ 官民組織初会合【中国新聞アルファ2016年5月11日】
「鵜慣らし祭」元気に初泳ぎ 三次【中国新聞アルファ2016年4月13日】
鵜飼のウミウ 相次いで病死 三次で14羽 /広島【毎日新聞2016年3月14日】

posted by BNJ at 21:04 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: