2016年05月20日

マガモ「頼んだよ!」 茂原の水田で放鳥  /千葉【毎日新聞2016年5月20日】

「さあ、頼んだよ!」マガモを放鳥する児童たち=茂原市立西小学校で
 茂原市立西小学校の学習用の水田で19日、5年生42人がマガモのヒナ約30羽を放す授業があった。害虫の駆除と、カモのフンを有機肥料として活用するのが狙い。苗が25〜30センチに成長するこの時期に毎年実施している。

 学習用の水田は約330平方メートルで、近くの農業、湯浅久幸さん(63)が所有している水田の一角を同小が借りたもの。5年生が毎年、「水と土と自然を大切に」をテーマに田植えから収穫までを体験学習している。

 児童たちは2人1組になり「頑張ってね、頼んだよ」と声を掛けながら、用意したヒナを1羽ずつ放していった。苗が成長する7月いっぱいまで放鳥され、2学期が始まる9月初めに稲刈りを行う予定。【吉村建二】
http://mainichi.jp/articles/20160520/ddl/k12/040/160000c

ttp://archive.is/GODvb

posted by BNJ at 21:27 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: