2016年05月21日

ツバメにも人にも優しく 長浜の道の駅に「糞受け」【産経ニュース2016年5月21日】

 ツバメとの「共生」に強力な助っ人登場−。ツバメの糞(ふん)害を解決しようと、長浜市西浅井町の道の駅「塩津海道 あぢかまの里」は20日、愛鳥研究団体から無償提供された「糞受け」を初めて設置した。同駅では毎年、店舗屋根の内側に約50個の巣がつくられ、食品衛生管理での問題点だった。巣の保護か撤去かで長年悩まされてきたが、新装置の導入で保護を図る。

 糞受けは、プラスチック製の平板を組み立てた「ちりとり型」。シールで壁に張ることができ、落ちてくる糞をキャッチする。提供したのはNPO法人バードリサーチ(東京)で、設置時期や方法も説明している。

 周囲に農地があり、人通りの多い郊外の道の駅にツバメが巣をつくるケースが増えており、同団体は4年前からインターネットで全国の道の駅などに、糞害防止の対策を呼びかけているという。

 バードリサーチの神山和夫研究員(49)は「糞を嫌うのでなく、昔のようにツバメに寛容になってほしい」と話す。浅井(あざい)正彦駅長(64)は「ツバメと共生してお客様に喜んでもらえる店にしたい」と話している。
http://www.sankei.com/region/news/160521/rgn1605210080-n1.html

ttp://archive.is/x1h4Q

タグ:ツバメ
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: