2016年05月20日

珍しいサンコウチョウ、一目見ようと 野鳥ファンどっと−出光カルチャーパーク【苫小牧民報2016年5月20日】

出光カルチャーパークに飛来
 道内では珍しい野鳥のサンコウチョウが19日、苫小牧市末広町の出光カルチャーパークに飛来した。その姿を一目見ようと、大勢の野鳥ファンが現地に詰め掛けた。

 サンコウチョウは、カササギヒタキ科の野鳥で雄の尾が30センチほどと長いのが特徴。雄の全長は尾を含め45センチ、雌は17・5センチほど。日本には、夏鳥として飛来する。

 鳴き声がツキ(月)ヒ(日)ホシ(星)ホイホイホイと聞こえることから三つの光、三光鳥と名付けられた。

 同公園では3日ほど前から雄1羽が姿を現し、19日には30人ほどの野鳥愛好家が望遠レンズ付きのカメラ持ち出し、撮影を試みていた。

 サンコウチョウは枝から枝へと羽ばたいたり、餌の虫をついばんだりしているのを確認できた。

 市内しらかば町の野鳥愛好家の男性(62)は「一度は見てみたいと思って来た。尾が長くてびっくりした」と話した。日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターによると、本州の山奥で見られる鳥。北海道では確認数が少なく、強風などで流されてくることがあるという。
http://www.tomamin.co.jp/20160538621

ttp://archive.is/DJ252

posted by BNJ at 23:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: