2016年05月21日

伝統の「鵜飼い漁」実演 婦中で売比河鵜飼祭【北國新聞2016年5月21日】

 奈良時代の越中国司、大伴家持が神通川(旧名・売比河(めひかわ))の鵜飼(うか)い漁を和歌に詠んだ故事にちなんだイベント「売比河鵜飼祭」が21日、富山市婦中町島本郷の田島川で開かれた。大勢の来場者が、舟からつり下げたかがり火の下での鵜飼い漁や多彩なステージを楽しんだ。同祭実行委主催、鵜坂観光協会、北日本新聞社、とやまソフトセンター共催。

 イベントは、同市鵜坂小学校6年生の「さんさい踊り」でスタート。住民らによるよさこいや、バンド演奏などのステージが繰り広げられた。

 メインイベントの鵜飼い漁の実演は午後8時に始まった。愛知県犬山市の鵜匠2人が、かがり火をつり下げて川面を照らす「川舟(かわふね)漁」と、川沿いを歩きながら行う「徒歩鵜飼(かちうかい)」を披露した。来場者は鵜匠の見事な縄さばきを楽しみ、拍手を送っていた。

 開会セレモニーでは、有岡照雄実行委員長があいさつ。保井秀夫富山市婦中行政サービスセンター所長と、中村浩三犬山市観光交流課長、有澤守市議、臼田北日本新聞社取締役総務局長が祝辞を述べた。
http://webun.jp/item/7278392

ttp://archive.is/O1jtQ

posted by BNJ at 23:04 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: