2016年05月25日

山口)ペンギン人工授精成功の海響館が記者会見【朝日新聞デジタル2016年5月25日】(既報関連ソースあり)

成長したオスのひな=下関市
 国内で初めて凍結精子を使ったペンギンの人工授精に成功した下関市の水族館「海響館」は24日、4年がかりで成し遂げた経緯を記者会見を開いて説明した。石橋敏章館長は「手詰まり感があったので、担当者の喜びは相当なものだった」と振り返った。

 海響館では、2012年から繁殖に向けた研究を開始。専門家の協力を得ながら、フンボルトペンギンのオスから採取した精子を保存液と混ぜ、零下196度の液体窒素で凍結した。メスの産卵時期やホルモン状態などもチェックし、解凍した精子を体内に入れる時期を探った。

 2月19〜28日にメスのハッピー(8歳)に、オスのゲンキ(11歳)の精子を10回程度注入したところ、同28日と3月3日に有精卵を確認し、4月7日にメス、10日にオスが孵化(ふか)した。研究の成果は近く、関連する学会で報告する。

 ログイン前の続き2羽は現在、同館ペンギン村で別々に過ごしており、定期的に体重測定して健康状態をチェックしている。オスは24日現在で2820グラムに成長。3カ月程度で独り立ちするという。

 担当した同館の久志本鉄平主任は「ペンギンについての論文はなく、ニワトリの凍結精子についての論文を参考にした。今回の技術が将来的に野生生息地のチリやペルーでの保全活動につながれば」と話した。(上山崎雅泰)
http://www.asahi.com/articles/ASJ5S3WF3J5STZNB00B.html

ttp://archive.is/mPEF4
ペンギンの人工授精成功 絶滅危惧種で世界初【産経WEST2016年5月24日】
海遊館 絶滅危機のペンギン、人工繁殖に挑戦 成功すれば世界初【毎日新聞2016年5月19日】
「来年こそ誕生」海遊館の挑戦 ペンギン人工繁殖【YOMIURI ONLINE2015年7月9日】
ミナミイワトビペンギン:人工授精、分かれば世界初 夢膨らむ海遊館 2組が有精卵抱く /大阪【毎日新聞2015年6月14日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: