2016年05月30日

ライチョウ保護 サポート隊結成 県新設、107人認定【中日新聞2016年5月30日】(既報関連ソースあり)

山本修県生活環境文化部長(右)から認定書を受ける隊員の代表=県民会館で

豊かな自然 守っていこう

 県民にニホンライチョウの保護に携わってもらおうと、県が本年度に新設した「とやまのライチョウサポート隊」の認定講習会と結成式が二十九日、富山市の県民会館であった。隊は保護策の設置をはじめ、県が行う生態調査や観察マナーの啓発などに協力する。

 四月の募集に石川、岐阜を含む三県から百十四人の応募があり、この日あったライチョウ保護策と生態などを学ぶ講習会に参加した百七人が認定された。

 結成式では、山本修・県生活環境文化部長が代表に認定書を手渡すと、代表者が「富山のライチョウが元気にすみ続けられるよう力いっぱい活動を行う」と宣誓した。

 隊員には射水市の藤沢裕一さん(36)と姉のさなえさん(38)でつくるお笑いコンビ「雷鳥」の姿もあり、「ライチョウは野鳥では珍しく人を警戒しない。人への信頼を持つ純粋なまま未来につなげたい」と抱負を話した。

 隊の任期は十二月末まで。六月の立山室堂平での保護柵設置が初仕事となる。将来の保護活動を担う人材になってもらう狙いもあり、県は富山雷鳥研究会への入会を勧めている。(伊勢村優樹)
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20160530/CK2016053002000028.html

富山 ライチョウ保護 力を貸して 県サポート隊新設 協力者100人を募集【中日新聞2016年4月6日】
サポーター60人で発足 ライチョウ保護目的、長野【共同通信2015年11月15日】

タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: