2016年05月31日

岩場のウミネコ、子育て真っ最中 鶴岡・親鳥せっせと餌運び【山形新聞2016年5月31日】

磯辺の岩場で餌を求めるウミネコの幼鳥(中央)=鶴岡市堅苔沢
 鶴岡市堅苔沢(かたのりざわ)の磯辺でウミネコの子育てが盛んに行われている。岩場の高い所に目を凝らすと、幼鳥が親鳥に餌をねだる様子が見られる。

 庄内浜のウミネコの繁殖活動は5月中旬から6月上旬が最盛期。岩場に群れをなして生息しており「ミャーオ、ミャーオ」という鳴き声が絶え間なく響き、耳を澄ますと幼鳥の小さな鳴き声も聞こえる。親鳥が餌を取って戻ってくると、幼鳥はくちばしを突き出して元気よく食い付く。親鳥は餌を与えてはすぐに取りにいっており、幼鳥の食欲を満たすのに忙しそうだ。
http://yamagata-np.jp/news/201605/31/kj_2016053100691.php

ttp://archive.is/wjAjc

タグ:ウミネコ
posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: