2016年06月01日

「純野生」トキ2羽が巣立ち 42年ぶり、新潟・佐渡【共同通信2016年6月1日】(他5ソース)

 環境省は1日、新潟県佐渡市で、野生下で生まれた国の特別天然記念物トキのペアに誕生したひな2羽の巣立ちを確認したと明らかにした。「純野生」のひなの巣立ちが確認されたのは、日本産が絶滅する前の1974年以来42年ぶりで、2008年の放鳥開始後は初めて。

 環境省は4月21日、40年ぶりとなる純野生のひな誕生を確認。1日時点で9羽が生まれ、うち7羽の生存が確認されている。無事巣立ちを迎えたことで、本格的な野生復帰に向け、新たな段階に入ったと言えそうだ。

 環境省によると、巣立ったのは4月28日と30日に誕生が確認されたひなだ。
http://this.kiji.is/110652475158216709

“純野生”のトキのひな巣立つ 42年ぶり【NHKニュース2016年6月1日】
新潟県佐渡市に生息する国の特別天然記念物、トキのうち、自然界で生まれ育ったトキのつがいから誕生したひなが巣立ったのが確認されました。自然界生まれのつがいから誕生した、いわゆる「純野生」のトキのひなが巣立ったのは、絶滅前の昭和49年以来42年ぶりで、今後、自然界での増加につながると期待されています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160601/k10010542401000.html

羽ばたけトキ 純野生トキ2羽、42年ぶり巣立ち【新潟日報モア2016年6月1日】
 環境省は1日、佐渡市で野生下生まれ同士のトキから誕生した「純野生」に当たるひな2羽の巣立ちを同日午前に確認したと発表した。「純野生」の巣立ちが確認されるのは42年ぶり。...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20160601258329.html

トキのひな2羽巣立つ 親が自然育ち、42年ぶり 新潟【朝日新聞デジタル2016年6月1日】
自然の中でともに生まれ育った親鳥から誕生し、巣立ちしたトキのひな=1日、新潟県佐渡市、環境省提供

 新潟県佐渡市の自然の中で生まれ育った国の特別天然記念物トキの雄と雌のペアから生まれたひな2羽が巣立ちした。環境省が1日、発表した。ともに自然の中で生まれ育った親鳥から誕生したひなの巣立ちは42年ぶり。

 同省佐渡自然保護官事務所によると、トキは両脚が巣から離れたことが確認されれば、巣立ちと判断される。

 日本産のトキは2003年に一度絶滅したが、中国から送られたトキの人工繁殖に成功。08年から毎年佐渡で放鳥を繰り返し、12年、佐渡の自然の中で放鳥したトキからひなが初めて生まれた。(原裕司)
http://www.asahi.com/articles/ASJ614CH8J61UOHB01F.html

「純野生」トキ 2羽が巣立ち…42年ぶり 新潟・佐渡【毎日新聞2016年6月1日】
野生下で生まれ育ったトキ同士のつがいから誕生し、巣立ちしたひな=新潟県佐渡市で2016年6月1日(環境省提供)
 環境省は1日、新潟県佐渡市で、いずれも野生下で生まれ育った国の特別天然記念物・トキのつがいから生まれたひな2羽が巣立ったと発表した。「純野生」ひなの巣立ちは1974年以来42年ぶりで、地元で保護活動に携わってきた関係者からは安堵(あんど)と喜びの声が聞かれた。

 同省によると、同日午前5時50分ごろ、1羽のひなが巣を離れて近くの枝に移動するのを職員が確認。午前9時10分ごろには、別のひなが枝に移るのを確認した。いずれも性別は不明。親鳥はともに野生で生まれ育ったトキで、これまでにひな3羽が生まれている。残る1羽はまだ巣の中にいるという。

 佐渡自然保護官事務所の遠矢駿一郎自然保護官は「野生復帰に向けた大きな前進で、喜ばしい。巣立った個体がどう行動するかなど、これからも見守っていきたい」と話した。

 トキの保護活動に携わる市民からも喜びの声が上がった。トキの餌場作りなどに取り組む地元のNPO法人「トキどき応援団」理事の仲川純子さん(59)は「無事に育つか心配だったが、これで一安心」とほっとした様子。「このひなが将来また子を産み、命がつながっていってほしい」と願いを込めた。

 毎朝トキの見守り活動を続けている日本野鳥の会佐渡支部長兼佐渡とき保護会副会長の土屋正起さん(65)は、「自分で餌を取り、群れの一員になれれば一人前。それまではまだまだ心配だ」と「親心」ものぞかせた。【南茂芽育】
http://mainichi.jp/articles/20160602/k00/00m/040/009000c

純野生のトキ2羽、42年ぶりに巣立ち  新潟県佐渡市【産経ニュース2016年6月1日】
巣立ちした「純野生」のトキのヒナ=新潟県佐渡市(環境省提供)
 環境省は1日、新潟県佐渡市の野生下で生まれた国の特別天然記念物トキのペアから誕生した「純野生」のひな2羽が巣立ちしたと発表した。純野生のひなの巣立ちが確認されたのは、日本産のトキが絶滅する前の昭和49年以来42年ぶりで、平成20年の放鳥開始後では初めて。

 巣立ったのは、同市で4月28日と30日に誕生が確認されたひな。この日の午前、環境省の職員が巣を観察したところ、2羽のひながそれぞれ近くの枝に移動しているのを確認した。同省は「両脚を巣の外に出すこと」を巣立ちと定めている。2羽には5月16日に足輪が装着されていた。

 佐渡市では4月21日、純野生のひなの誕生を40年ぶりに確認。純野生のひなは今月1日時点で9羽が生まれ、うち7羽が順調に育っており、残る5羽も順次巣立ちするとみられる。

 巣立ったひなは約1週間で飛べるようになるという。純野生のひなの巣立ちを無事迎えたことで、トキの野生復帰に向けた取り組みがまた一歩前進した。
http://www.sankei.com/life/news/160601/lif1606010024-n1.html

野生トキ、ひな巣立ち42年ぶり…枝に移動【読売新聞2016年6月1日】
野生の親同士から生まれ、42年ぶりとなる巣立ちが確認されたトキのひな(1日朝、新潟県佐渡島で)=環境省提供=
 環境省は1日、新潟県佐渡島で、野生の親同士から生まれたトキのひな2羽の巣立ちが確認されたと発表した。

 同省によると、野生のつがいから生まれたひなが巣立ったのは、1974年以来、42年ぶり。

 同省によると、2羽は4月28〜30日に誕生が確認されたひな。同省職員らが1日午前、巣の近くの枝に移動する様子を見て、巣立ちをしたと判断した。

 野生の親同士から生まれたひなは1日現在、7羽が生存している。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20160601-OYT1T50076.html

42年ぶり、ひな巣立つ=「純野生」トキ−新潟・佐渡【時事ドットコム2016年6月2日】
巣立ちが確認された2羽の「純野生」トキのひな=1日午前、新潟県・佐渡島(環境省提供)
 環境省は1日、新潟県・佐渡島の自然界で生まれ育った国の天然記念物トキのペアから、ひなが巣立ったのを確認したと発表した。野生トキ同士から誕生した「純野生」のひなが巣立つのは、1974年以来42年ぶりで、2008年に放鳥を開始してからは初めて。
 巣立ったひなは、共に年齢不明の雄と雌のペアから生まれた3羽のうち2羽。環境省職員が1日午前、巣から近くの枝に移動する様子を確認した。もう1羽のひなも、順調であれば近く巣立つ見通し。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060100675&g=soc

http://archive.is/Pfnyz
http://archive.is/LvWnM
http://archive.is/SHqmM
http://archive.is/uXP0j
http://archive.is/iAnFC
http://archive.is/BmhR6
http://archive.is/xCQHj
http://archive.is/SEwmF

タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 22:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: