2016年06月03日

親子で仲良く繁殖/ツバメチドリ、平良の農場【宮古毎日新聞2016年6月3日】

一生懸命に子育てする親鳥と健気なかわいいひな=2日、平良(撮影・伊良波彌記者)
 宮古島では、夏鳥として繁殖するツバメチドリ(ツバメチドリ科)の親子が2日、市内の農耕地で確認された。一生懸命に子育てする親鳥と健気(けなげ)でかわいいひなが立ち並び、親子の絆を深めている様子だった。

 宮古島に飛来したツバメチドリは、日中の気温が30度を超す赤土の農耕地で営巣、子育てする。

 侵入者が近づくと、大きな鳴き声を発し威嚇している。また親鳥は傷を負って飛べないでいるような動作を見せ、侵入者の注意を引く。その間にひなは急いで逃げ隠れたりする。

 今年の秋ごろには、親子一緒に東南アジアなどの越冬地へ旅立つ。

 ツバメチドリ、のどはクリーム色で、それを囲む黒線が目立つ。くちばしは太くて短く基部は赤い。背中と腹などは灰褐色。翼は長くて細く、飛行速度は速い。空中で昆虫類を捕らえる。成鳥は全長24a。
http://www.miyakomainichi.com/2016/06/89338/

http://archive.is/V39pJ

posted by BNJ at 21:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: