2016年06月04日

警察署にカルガモ親子、かわいく行進 署員の癒やしに【朝日新聞デジタル2016年6月4日】

南大沢署にすみ着いたカルガモの親子=東京都八王子市南大沢1丁目

 東京都八王子市の警視庁南大沢署に、カルガモの親子がすみ着いた。草むらから顔を出し、よちよちと列になって歩く姿が、署員の心を癒やしている。

 すみ着いたのは、署の5階のバルコニー。5月26日朝、鳴き声を聞いた署員が、親ガモ1羽と子ガモ10羽を見つけたという。緑地に卵の殻があったといい、飛んできた親ガモが産んだようだ。

 署はバルコニーの灰皿を撤去し、住環境の整備にも努めている。バルコニーに面した単身寮には若手署員が55人住んでいるといい、古郷氏郎副署長は「仕事の疲れを癒やしてくれる。寮員が66に増えたと思って見守りたい」と話している。(根津弥)
http://www.asahi.com/articles/ASJ624DR2J62UTIL017.html

http://archive.is/3F1xJ

タグ:カルガモ
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: