2016年06月08日

愛知 ペンギン夫婦、卵温め 南知多ビーチランド【中日新聞2016年6月8日】(ジェンツーペンギン)

半日から1日ごとに交代しながら卵を温めるジェンツーペンギンのポッキー(右)とマッキー=美浜町の南知多ビーチランドで(南知多ビーチランド提供)
写真
 美浜町奥田の南知多ビーチランドで、飼育しているジェンツーペンギンのペア二組が共に元気なひな誕生に向けて、雄と雌が交代しながらじっと卵を温めている。来園者からは卵の有無などが確認しづらいこともあり、観覧向けに繁殖用スペースを映し出すモニターを設けている。

 雄のマッキー(十一歳)と雌のポッキー(十一歳)のペアは卵二つ、雄のマロン(十一歳)と雌のダイヤ(六歳)のペアは一つを温めている。

 ランドでは四〜七月に繁殖期となり、六月後半から七月前半にふ化することが多い。二〇〇九年に初めてひなが誕生し、以来六例のふ化があったが、うち今も生きているのは四羽。

 今回、卵を温めるのに合わせ、職員が飼育エリア内に木の板で仕切った繁殖用スペース(高さ三十センチ、幅と奥行き六十五センチ)を設けた。卵が転がらないよう周囲を支えるため玉砂利を用意すると、ペンギンたちが自分たちで繁殖用スペースに運び込んで敷き詰めた。

ポッキーのおなかの下からのぞく卵=美浜町の南知多ビーチランドで(南知多ビーチランド提供)
写真
 ダイヤは五月二十四日に、ポッキーは五月二十八日と六月一日に卵を産み、それぞれのペアが協力して温めている。時折、均一に温めるために、卵をくちばしで動かすこともある。有精卵か無精卵かは不明。有精卵であれば一カ月ほどで生まれるという。(問)南知多ビーチランド=0569(87)2000

 (沢井秀之)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20160608/CK2016060802000050.html

posted by BNJ at 11:49 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: