2016年06月09日

世界の雑記帳 ビル・ゲイツ氏が途上国に鶏10万羽寄付、養鶏業支援で貧困撲滅へ【毎日新聞2016年6月9日】

 6月8日、米マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏(写真)は、貧困撲滅に向け、発展途上国の農村部に10万羽の鶏を寄付すると発表した。養鶏業のノウハウを伝え、貧困世帯の収入引き上げを支援する。写真はニューヨークの4ワールドトレードセンター68階に設けられた鶏舎(2016年 ロイター/Mike Segar)
 [ニューヨーク トムソン・ロイター財団] - 米マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏は8日、貧困撲滅に向け、発展途上国の農村部に10万羽の鶏を寄付すると発表した。養鶏業のノウハウを伝え、貧困世帯の収入引き上げを支援する。

 ゲイツ氏は、ニューヨークの4ワールドトレードセンター68階に設けられた鶏舎の前で会見し「養鶏業ほどリターンが高い投資はない」と力説。アフリカのブルキナファソや南米のボリビアなど、数十カ国の農家に鶏を寄付すると明らかにした。

 ゲイツ氏と妻が創設したビル・メリンダ・ゲイツ財団によると、年間250羽の鶏を飼育することで農家は1250ドル(約13万3000円)の収入が得られるという。

 *円換算額を追加して再送しました。
http://mainichi.jp/articles/20160609/reu/00m/030/005000c

http://archive.is/Kug0A

タグ:アメリカ
posted by BNJ at 22:31 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: