2016年06月11日

カイツブリ展 県の鳥、絵本原画など紹介 来月21日まで 長浜 /滋賀【毎日新聞2016年6月11日】

絵本の原画が並ぶ「カイツブリ展」=滋賀県長浜市湖北町今西で、若本和夫撮影
 県の鳥、カイツブリを描いた絵本の原画などを紹介する企画展「カイツブリ展」が長浜市湖北町今西の湖北野鳥センターで開かれている。7月21日まで。

 会場には、絵本作家の金尾恵子さんの絵本「せなかにのぼれ」(福音館書店)の原画13点を展示している。雛(ひな)を背中にのせて子育てするカイツブリの姿を描いたほのぼのとした作品。

 この他、カンムリカイツブリやハジロカイツブリ、カイツブリのはく製、カイツブリが水面にアシの枯れ葉などを積み上げて作った「浮き巣」の実物などが並ぶ。

 琵琶湖の古称「鳰(にお)の海」はカイツブリの別名、鳰に由来しており、カイツブリは1965年、県の鳥に指定されている。

 午前9時〜午後4時半。火曜休館。入館料は一般200円、小中学生100円。長浜市内の小中学生と未就学児は無料。問い合わせは湖北野鳥センター(0749・79・1289)。【若本和夫】
http://mainichi.jp/articles/20160611/ddl/k25/040/623000c

http://archive.is/5w3QZ

posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: