2016年06月09日

野鳥 工場地帯にも 四日市・なたね通信 観察マップ作る【中日環境net2016年6月9日】

 四日市市の工場地帯に飛来する野鳥を紹介する観察マップを、市内を拠点に活動する市民団体「なたね通信」が作った。「四日市公害と環境未来館」で閲覧できる。

(写真)工場地帯に飛来する野鳥を紹介した観察マップ

 なたね通信は野鳥や昆虫など四日市の自然環境を、冊子や会員制交流サイト(SNS)で発信し、観察会も開いている。

 マップはA4判カラーで24ページ。鈴鹿川や三滝川、天白川など工場地帯の河口付近で見ることができる野鳥46種を写真を交えて紹介。観察しやすい場所も記した。

 代表の榊枝正史さん(31)は「身近な場所に多くの野鳥が暮らすことを知り、環境を考えるきっかけにしてほしい」と話している。

(吉岡雅幸)
http://eco.chunichi.co.jp/news/2016/06/003230.html

http://archive.is/pFkCs

posted by BNJ at 21:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: