2016年06月12日

下関・海響館 ペンギンひな3年連続誕生【山口新聞2016年6月12日】(イワトビペンギン)

下関市あるかぽーとの市立水族館「海響館」で、イワトビペンギンのひな1羽が誕生した。同館ペンギン村の亜南極水槽で親鳥が交代で世話をしており、順調に成長している。ひなの誕生は3年連続という。

同館海獣展示課によると、産卵から33日目の5日24日にひながふ化。誕生当初は体重77グラムだったが、現在は約500グラムになった。

ひなは腹部は白色、頭から背中にかけては黒色の綿羽(めんう)に覆われており、ふ化から70日程度で親鳥とほぼ同じ大きさに成長して巣立ちを迎える。普段は巣の中で親鳥とともに生活しており、口移しで餌をもらっているという。

飼育担当の久志本鉄平さん(34)「今は巣の中にいるが、大きくなればひなが巣から顔をのぞかせることも多くなる。成長していく姿をそっと見守ってもらえれば」と話した。
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2016/0612/4.html

http://archive.is/rnu4H

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: