2016年06月23日

ジョイフル本田/国際希少野生動物の販売で従業員逮捕【流通ニュース2016年6月23日】(オオバタン/コバタン/既報多数)

ジョイフル本田は6月17日、絶滅のおそれのある野生動物を販売した容疑で、従業員3人が逮捕され、自社と輸入業者が書類送検されたと発表した。

ペットセンター守谷店で、販売の目的で陳列した国際希少野生動物種の鳥2羽(オオバタン、コバタン各1羽ずつ)に関して国際希少野生動植物登録票がなかった。

そのうちの1羽の鳥(オオバタン)の仕入、販売に関しても同登録票がなかったことで、「種の保存法」の違反容疑で6月15日に従業員3人が逮捕された。

3月1日に警察による立入調査をうけてから、関係当局の調査に全面的に協力するとともに、再発防止とコンプライアンス強化のための対策を進めていたが、捜査に支障をきたさぬよう、同日まで公表を控えていたという。
http://ryutsuu.biz/strategy/i062306.html

希少オウム販売容疑、「ジョイフル本田」係長ら4人逮捕【朝日新聞デジタル2016年6月17日】
ジョイフル本田ペットワールド守谷店で販売されていたオオバタン=警視庁提供

 オウムの一種で、取引が制限されている希少野生動物の「オオバタン」と「コバタン」を販売したなどとして、警視庁はホームセンター「ジョイフル本田」(茨城県土浦市)の小動物を扱う担当の係長小西健太容疑者(33)=同市小松1丁目=ら4人を、種の保存法違反(譲り渡しの禁止)などの疑いで逮捕し、17日発表した。

 他に逮捕されたのは、貿易会社長の長谷川明光容疑者(69)=東京都杉並区和田1丁目=と、ジョイフル本田ペットワールド守谷店(茨城県守谷市)の店長、店員の計3人。いずれも容疑を認めているという。

 生活環境課によると、4人は昨年10月23日、環境省に届け出をせずに、ペットワールド守谷店でオオバタンを79万8千円、コバタンを69万8千円で販売用に陳列し、同年12月27日、オオバタン1羽を販売した疑いがある。長谷川容疑者が輸入したものを、小西容疑者が担当者として仕入れていたという。

 オオバタンとコバタンは東南アジアに生息し、密猟などで個体数が減少したことから、ワシントン条約で取引が制限されている。小西容疑者は、過去にも取引が制限されている別の鳥の販売をめぐって環境省から指導を受けていたという。
http://www.asahi.com/articles/ASJ6K418WJ6KUTIL00Y.html

絶滅危惧種オウム「オオバタン」販売 容疑でペット店仕入れ担当者ら逮捕【産経ニュース2016年6月17日】
押収された絶滅危惧種のオウム「オオバタン」=17日午前、警視庁小岩署
 絶滅危惧種のオウム「オオバタン」をペットショップで無登録販売したなどとして、警視庁生活環境課は17日までに、種の保存法違反容疑で、ペットショップを運営する「ジョイフル本田」(茨城県土浦市)で動物の仕入れを担当する係長、小西健太容疑者(33)=同市小松=ら4人を逮捕した。同課は17日、同法違反容疑で、ジョイフル本田を書類送検した。

 逮捕容疑は昨年10月、茨城県守谷市の「ペットワールド守谷店」で無登録のオオバタン1羽を販売目的で陳列、昨年12月に60代の客に約80万円で販売するなどしたとしている。

 オオバタンは全身サーモンピンク色の全長約50センチで、頭部には長く伸びた羽毛を持つ。インドネシアに生息しワシントン条約で輸出入が制限されている。小西容疑者の店が48万円で仕入れたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/160617/afr1606170023-n1.html

希少のオウム販売容疑 警視庁、ペット店摘発【共同通信2016年6月17日】
 押収された絶滅危惧種のオウム「オオバタン」=17日午前、警視庁小岩署
http://www.47news.jp/PN/201606/PN2016061701001413.html

希少なオウム販売した疑い ホームセンター社員ら逮捕【NHKニュース2016年6月17日】
絶滅のおそれがありワシントン条約で取り引きが規制されている希少なオウムを店頭で販売したなどとして、ホームセンターを展開する会社のペット販売担当ら4人が警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは、関東地方でホームセンターを展開する「ジョイフル本田」のペット販売担当の係長、小西健太容疑者(33)と、東京・杉並区のペット輸入会社の役員、長谷川明光容疑者(69)ら4人です。
警視庁の調べによりますと、4人は去年10月、茨城県守谷市にあるジョイフル本田の店舗で国の登録を受けずに「オオバタン」と「コバタン」という希少種のオウムを陳列したうえ、「オオバタン」をおよそ80万円で販売したなどとして種の保存法違反の疑いが持たれています。
オオバタンとコバタンは主にインドネシアに生息し絶滅のおそれがあるとしてワシントン条約で取り引きが規制されています。
警視庁によりますと調べに対し4人はいずれも容疑を認めているということです。
社員が逮捕されたことを受けて「ジョイフル本田」広報・IR部の打越貞美部長は「ご迷惑をおかけして申し訳ございません。警視庁の捜査に全面的に協力するとともにコンプライアンスの強化に努めます」とコメントしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160617/k10010559741000.html

「ジョイフル本田」を書類送検=希少オウム販売容疑、4人逮捕−警視庁【時事ドットコム2016年6月17日】
 絶滅の恐れがあるオウムの一種「オオバタン」を販売したなどとして、警視庁は17日までに、種の保存法違反容疑で、ホームセンター運営「ジョイフル本田」(茨城県土浦市)係長小西健太容疑者(33)=同市小松=ら4人を逮捕、同社と東京都の貿易会社を書類送検した。(2016/06/17-11:02)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016061700299&g=soc

話す鳥「オオバタン」などを登録せず売買した疑い 男ら4人逮捕【FNNニュース2016年6月17日】
話す鳥「オオバタン」を登録せずに売買した疑いで、男ら4人が逮捕された。
ペットとして人気のオウムの一種「オオバタン」、「コバタン」は、絶滅のおそれがあるため、輸入をした際は登録が必要。
逮捕された小西健太容疑者(33)ら4人は、登録をせずに「オオバタン」などを輸入し、店で陳列、販売した疑いが持たれている。
調べに対して、4人は、容疑をおおむね認めているという。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00327929.html

http://archive.is/aTcro
http://archive.is/BAGUq
http://archive.is/UlAda
http://archive.is/MM5Eg
http://archive.is/GKs1H
http://archive.is/bL2QX
http://archive.is/BUgPr

posted by BNJ at 22:14 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: