2016年06月18日

クジャクの雑貨並ぶ 期間限定 地域おこし隊が開店 [長崎県]【西日本新聞2016年6月18日】(インドクジャク)

地域おこし協力隊の飯田千織さん(左)とクジャクをテーマにした雑貨が並ぶ店内

 クジャクをテーマにした陶器や工芸品などを扱う期間限定の雑貨店「くじゃっkers」が、川棚町小串郷の大崎自然公園の「くじゃく園」に開店した。7月末までの土日祝日に営業する。

 同町のシンボル、インドクジャクにちなみ、クジャクを活用して新たな土産を生みだそうと同町の地域おこし協力隊員の飯田千織さん(26)が企画。町内の窯元や菓子店、工芸作家など11業者にクジャクを題材にした商品開発を依頼し、クジャクを描いた小皿や茶わん、羽根の飾りがついたピアス、キャラクターが描かれたポストカードなど30種類以上の商品をそろえた。

 くじゃく園の休憩所にできた店に立つ飯田さんは「店から輪を広げ、商品はもっと増やしていきたい。町外の人にも川棚の魅力を知ってもらえるような場所にしたい」と話した。

=2016/06/18付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/252695

http://archive.is/xMcYK

posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: