2016年06月20日

京都・宇治川の鵜飼 ウミウ、今季4羽目誕生【京都新聞2016年6月20日】

今季4羽目の誕生となったウミウのひな(宇治市宇治・市観光センター)
 今季4羽目となる「宇治川の鵜飼」のウミウのひなが19日、人工ふ化で誕生した。今季はこれまで3羽がふ化したが、2羽が死に、1羽は親鳥に近い約2キロまで成長している。京都府宇治市宇治の市観光センターで見守った鵜匠たちは「このまま大きく育ってほしい」と期待している。

 これまでふ化したひなと同じ親のつがいが産んだ10個目の卵。18日午後6時ごろ、ひながくちばしでつついたと見られる小さな穴が確認された。19日午後1時半ごろ、卵の全周にひびが入り始め、約2時間後の午後3時41分に誕生した。

 体重45・7グラムで、体長10・5センチ。澤木万理子鵜匠(42)は「卵の中から鳴き声が聞こえたり、殻を割る時に勢いがあったり、元気に育ったひなたちと状況が似ている」と話している。
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20160620000028

http://archive.is/jhLqS
「宇治川の鵜飼」7月1日から 京都【産経ニュース2016年6月18日】
ウッティー健診「異常なし」【読売新聞2016年6月11日】
大好きなウッティー描いたよ 京都・宇治で絵画コンクール【京都新聞2016年5月23日】
2羽目誕生ウミウひな、悲しみを糧に 京都・宇治川鵜飼【京都新聞2016年5月11日】

posted by BNJ at 11:56 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: