2016年06月23日

トキ 今季巣立ち33羽 過去最多に 「純野生」は5羽【毎日新聞2016年6月23日】(既報3ソース)

巣の近くの枝に両脚で止まる純野生トキ=環境省提供
 環境省は21日、新潟県佐渡市の野生下で今季巣立ちを確認した国の特別天然記念物・トキのひなの数が計33羽となり、野生下での巣立ちを初めて確認した2012年以降、最多になったと発表した。

 同省によると、これまでに巣立ったひなの数は、12年8羽▽13年4羽▽14年31羽▽15年16羽−−だった。今季は15組のつがいから生まれたひな33羽が既に巣立ち、6羽が巣立ちを待っている。

 33羽には、いずれも野生下で生まれ育ったトキのつがいから40年ぶりに生まれた「純野生」のひな5羽も含まれており、佐渡自然保護官事務所の広野行男主席自然保護官は「今季の大きな意義だ。今年の巣立ち目標総数40羽にも近づいている」と語った。【南茂芽育】
http://mainichi.jp/articles/20160623/k00/00e/040/164000c

佐渡のトキ、最多33羽が巣立ち 環境省発表【共同通信2016年6月21日】
 環境省は21日、新潟・佐渡の野生下で今年巣立った特別天然記念物トキのひなは、これまでで最多の計33羽20+ 件と発表した。写真は巣立ち間近のひな=19日(環境省提供)
http://www.47news.jp/PN/201606/PN2016062101002148.html

羽ばたけトキ トキの巣立ち 最多の33羽に【新潟日報モア2016年6月21日】
 環境省は21日、佐渡市の野生下でトキのひな2羽の巣立ちを確認したと発表...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20160621262563.html

トキ巣立ち最多の33羽 新潟・佐渡、放鳥開始後【産経フォト2016年6月21日】
 環境省は21日、新潟県佐渡市の野生下で、今年巣立った国の特別天然記念物トキのひなが計33羽となったと発表した。2008年に放鳥を開始し12年に初めて巣立ちが確認されて以降、最多となった。このうち、両親とも野生生まれの「純野生」ひなは5羽。

 環境省によると、19、20日にひな計2羽の巣立ちが確認された。これまでの最多は14年の31羽。

 今年は25組のペアから53羽のひなが誕生。21日時点で、純野生ひな2羽を含む7羽が巣立ちを待っている。

 昨年はトキが卵を温める時期に強い風が複数回吹き、巣が飛ばされるなどしてふ化、巣立ちの個体数ともに前年を下回った。環境省の広野行男首席自然保護官は「今年は形成されたペア数も最多だった。天候に恵まれ順調に巣立ったことは収穫」と話した。
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160621/dly1606210032-n1.html

http://archive.is/q3RtD
http://archive.is/elpiG
http://archive.is/6rj47
http://archive.is/Cirn3
トキ 純野生ひな、5羽目の巣立ち 佐渡 /新潟【毎日新聞2016年6月18日】

タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 11:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: