2016年06月28日

一瞬とらえた作品、高円宮妃久子さま「鳥の写真展」 出雲文化伝承館【産経WEST2016年6月28日】(既報2ソース)

展示作品を説明される高円宮妃久子さま
 国際環境NGOの野鳥保護団体「バードライフ・インターナショナル」の名誉総裁を務める高円宮妃久子さまが撮影された「鳥の写真展」が、島根県出雲市の出雲文化伝承館で開かれている。鳥の一瞬の動きを見事にとらえた作品などが、入館者をうならせている。7月10日まで。

 野鳥に造詣の深い久子さまは、野鳥が多数生息する島根の豊かな自然環境を守ることの大切さを指摘されている。こうした点を地元の人たちにも知ってもらおうと、市芸術文化振興財団などが久子さまの写真展を企画し、実現した。

 展示されているのは、マガンやヒシクイなど久子さまが出雲市内で撮影された8点をはじめ、ヤンバルクイナ(沖縄県)やオオワシ(北海道)など、今年撮影された新作約20点を含む65作品。

 展覧会初日に行われたオープニングセレモニーで、久子さまは「環境のバロメーターである鳥が、どういう動きをしているか科学的に研究することが大事。鳥の姿を環境へのメッセージとして受け取ってほしい」とごあいさつされた。

入場無料。問い合わせは同館((電)0853・21・2460)。
http://www.sankei.com/west/news/160628/wst1606280019-n1.html

皇室 高円宮妃久子さま、出雲で鳥の写真展 /島根【毎日新聞2016年6月26日】
撮影された野鳥の写真を説明する高円宮妃久子さま=島根県出雲市の出雲文化伝承館で、山田英之撮影で
 高円宮妃久子さまが撮影された「鳥の写真展」が25日、出雲市浜町の出雲文化伝承館で始まった。

 久子さまは野鳥保護に取り組む国際環境NGO「バードライフ・インターナショナル」の名誉総裁を務めている。多くの野鳥が生息する出雲市の自然環境が末永く受け継がれることを願って、今回の写真展が実現した。ヒヨドリ、ウミネコ、マガンなどの写真65点を展示している。

 オープニングセレモニーには久子さまも出席。写真を出席者に説明し、一緒に見て回った。

 7月10日まで、午前9時から午後5時(入館は午後4時半まで)。入場無料。月曜休館。【山田英之】
http://mainichi.jp/articles/20160626/ddl/k32/040/259000c

身近な野鳥、久子さま撮影 出雲で写真展【山陰中央新報2016年6月26日】
自ら撮影した鳥の写真を解説される高円宮妃久子さま(左)=出雲市浜町、出雲文化伝承館
 高円宮妃久子さまが島根県内など国内各地で撮影した写真65点を集めた「鳥の写真展」が25日、出雲市浜町の出雲文化伝承館で始まった。開幕に合わせて来場された久子さまは「寄り鳥 見鳥−レンズを通して−」と題して講演し、集まった市民約200人に鳥の魅力や自然環境保全の大切さを訴えた。写真展は7月10日まで。入場無料。

 国際環境NGOの野鳥保護団体「バードライフ・インターナショナル」名誉総裁を務められる久子さまは、国内各地で野鳥の写真の撮影を続けられている。今回の写真展は、出雲市内で撮影されたヒシクイ、マガン、ツバメチドリなど8点のほか、北海道や沖縄で最近撮影した作品を展示した。

 オープニングセレモニーで久子さまは「鳥は身近な存在であると同時に、環境のバロメーター。鳥の姿を通じて環境へのメッセージを受け取ってほしい」とあいさつされた。

 展示会場では久子さまが長岡秀人市長、千家尊祐出雲大社宮司ら来賓に作品を解説された。久子さまの次女の千家典子さん、妹の絢子さまも来場し、和やかに鑑賞されていた。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=559782004

http://archive.is/QUBzW
http://archive.is/2b0g0
http://archive.is/P7g0F

posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: