2016年06月30日

十文字チキンに20億円融資 復興支援で農林中金【岩手日報WebNews2016年6月30日】(既報関連ソースあり)

 農林中央金庫(河野良雄理事長)は29日、東日本大震災の復興支援プログラムとして、鶏肉食品製造業の十文字チキンカンパニー(二戸市、十文字保雄社長)に20億円の融資を決めたと発表した。同社の久慈工場(久慈市小久慈町)の増設資金で、2011年12月に取り扱いを始めた東北農林水産業応援ローンでは、県内最大規模。

 増設工事は15年11月に着工し、敷地内に鉄骨2階建て延べ床面積約1万2千平方メートルの新工場を整備している。増設により鶏肉製品製造の最大処理能力は従来より約4割増え、国内最大規模の1日9万羽となる。本格稼働開始は17年12月の見込みで、既に約70人を新規雇用した。

 工場増設に当たり、同社は国の「津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金」も活用。補助金と同金庫のローンで総事業費約89億円の約7割をまかなえることになり、佐藤政孝専務は「着実に事業を軌道に乗せ、さらなる雇用創出で久慈市の復興に寄与したい」としている。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/news.cgi?ec=20160630_4

http://archive.is/DXHx3
肉用若鶏の生産農場も拡大へ/十文字CC【デーリー東北2015年12月12日】
岩手)久慈の食鶏処理加工工場、増設へ 国内最大規模に【朝日新聞デジタル2015年10月22日】

posted by BNJ at 11:24 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: