2016年06月30日

ライチョウのひな2羽誕生 ファミリーパーク【北日本新聞2016年6月30日】(他3ソース)

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工飼育に取り組んでいる富山市ファミリーパーク(同市古沢)は29日、ひな2羽が誕生したと発表した。28日午後2時55分と、午後11時にふ化し、体重は16〜18グラム。全身が茶色の羽毛に覆われ、いずれも元気という。

 環境省が昨年から実施する保護増殖事業の一環。ことしは6月21日、乗鞍岳(長野、岐阜県)で8個の卵を採取し、パークと大町山岳博物館(長野県大町市)に4個ずつ運んだ。

 6月上旬にも4個を採卵し上野動物園(東京)へ運び、26日に4個ともふ化した。

 パークでは残る2個のうち1個が殻をつつき始め、もう1個も卵が揺れるなどふ化に向けた動きが見られる。ひなの性別は、卵の殻のDNA鑑定により秋ごろには判別できる見通し。

 昨年は10個を採卵し、上野とパークで5個ずつ飼育した。上野は全滅。パークの雄3羽が順調に成長し、うち2羽は今月27日で、1羽は7月2日で1歳となる。ことし採取した卵から雌が無事成長すれば、来年春からの繁殖が可能となる。

 山本茂行園長は「1年間の飼育に成功したことは、大きな節目。この後も順調にふ化することを願いながら、飼育に全力を傾けたい」と話した。
http://webun.jp/item/7288711

ライチョウ 2羽孵化…ファミリーパーク【読売新聞2016年6月30日】
孵化したニホンライチョウのヒナ(富山市ファミリーパーク提供、28日撮影)
 富山市ファミリーパークは29日、国の特別天然記念物で絶滅が心配されているニホンライチョウのひな2羽が28日に孵化ふかしたと発表した。環境省による人工繁殖事業の一環で、ファミリーパークでは昨年に続き今年も孵化に成功した。

 ファミリーパークには今月21日、環境省が乗鞍岳山頂付近(長野県、岐阜県境)で採取した卵4個が届けられた。卵は孵卵器で温められ、28日午後2時55分に1羽目が、同日午後11時に2羽目が、それぞれ自力で殻を割って孵化した。元気に鳴き声を上げているという。今後、卵に残された内容物のDNAを分析して雌雄の判定をする。

 今回から人工繁殖事業に参加している長野県大町市の大町山岳博物館には、同じく21日に卵4個が運ばれているが28日午後5時現在、孵化する兆しはまだないという。今月4日に卵が届けられた東京・上野動物園では、26日にひな4羽が誕生している。

 人工繁殖1年目の昨年度は、ファミリーパークと上野動物園がそれぞれ卵5個の孵化に取り組んだ。ファミリーパークでは4羽が孵化し、うちメス1羽が死んだがオス3羽は順調に育っている。上野動物園では生まれた5羽全てが死んだ。

 ファミリーパークの村井仁志動物課長は「孵化直後は弱いので、注意深く飼育していきたい。残る2卵も孵化してほしい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/toyama/news/20160629-OYTNT50219.htmlhttp://www.yomiuri.co.jp/local/toyama/news/20160629-OYTNT50219.html

富山)ライチョウ2羽孵化 富山市ファミリーパーク【朝日新聞デジタル2016年6月30日】
【動画】孵化した2羽のニホンライチョウ=富山市ファミリーパーク提供

28日午後11時に孵化したヒナ=富山市ファミリーパーク提供

 絶滅が危惧されるニホンライチョウの人工飼育に取り組む富山市ファミリーパーク(同市古沢)は29日、乗鞍岳(長野、岐阜県)で採取した卵4個のうち2個が孵化(ふか)したと発表した。メスであれば人工繁殖が期待できるが、性別がわかるまで半年ほどかかるという。

特集:どうぶつ新聞
 同パークには21日に卵4個が運ばれ、孵卵(ふらん)器で温めていた。卵の内側からくちばしで殻を割る「嘴(はし)打ち」が27日午後6時から確認され始め、1羽が28日午後2時55分、もう1羽が同日午後11時に孵化した。別の卵1個も「嘴(はし)打ち」が始まっている。

 ヒナ2羽の体重は16〜18グラムほどで、体調は良好という。孵化後2週間が特に体調を崩しやすいため、担当者は「小さい動物なので、しっかり観察をして異常を早く見つけたい」と話した。ヒナには、ギシギシという野草を細かくちぎったものなどを与える。

 ニホンライチョウの人工飼育は昨年から始まり、乗鞍岳で採取した卵10個から同パークのオスのみ3羽が育った。孵化から約1年で448〜512グラムになり、いずれも順調に成長しているという。

 今年は同パーク、上野動物園(東京都)、大町山岳博物館(長野県)に卵4個ずつ運んだ。上野動物園の4個は26日に全て孵化した。(吉田真梨)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6Y41FKJ6YPUZB012.html

ライチョウ 富山ファミリーパークで2羽ふ化【毎日新聞2016年6月29日】
富山市ファミリーパークで卵からふ化したニホンライチョウのひな=同園提供・共同
 富山市ファミリーパークは29日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の卵2個がふ化したと発表した。卵は環境省が21日に乗鞍岳(長野、岐阜)で8個を採集し、うち4個をファミリーパーク、残りを大町山岳博物館(長野県大町市)に運んでいた。

 ファミリーパークによると、27日夕に1羽が卵の殻をつつき始め、28日夜までに2羽がふ化した。2羽とも体重は16グラム前後で性別は不明。全身が茶色の羽毛に覆われ、いずれも元気という。

 環境省が取り組むニホンライチョウの人工飼育事業の一環で、今年で2年目。(共同)
http://mainichi.jp/articles/20160629/k00/00e/040/255000c

ライチョウ卵2個ふ化 富山、性別1、2カ月後判明【中日新聞2016年6月30日】
ふ化したニホンライチョウのひな=28日午後11時ごろ、富山市ファミリーパークで(同パーク提供)
写真
人工繁殖に向け雌 期待

 富山市ファミリーパーク(同市古沢)は二十九日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウの卵二個がふ化したと発表した。今年で二年目を迎える環境省によるニホンライチョウの人工飼育事業の一環。同パークでは昨年ふ化した雄三羽が順調に育っており、今回のひなが雌だった場合、人工繁殖を進める。

 卵は、同省が二十一日に生息地の乗鞍岳(岐阜、長野)で八個を採集し、パークと大町山岳博物館(長野県大町市)にそれぞれ四個ずつを運んでいた。

 パークによると、二十七日夕にひなが卵から出るため殻をつつく「嘴(はし)打ち」が見られるようになり、二十八日夜までに二羽がふ化した。

 ひなは現時点で性別不明。いずれも体長約五センチ、重さ一六〜一八グラムほどで元気に育っており、性別は一、二カ月ほどで判明するという。残る二個の卵にも嘴打ちなどの兆候がすでにあり、近日中にふ化する見込み。

 パークでは、昨年採集した卵から育てた三羽が雄のみだったため、人工繁殖に入るには雌が必要となっていた。

 パーク動物課の村井仁志課長(52)は「全ての卵を無事にふ化させるのが第一。雌がいれば人工繁殖も成功させ、個体数増加に貢献したい」と話した。

 今年は乗鞍岳で計十二個の卵を採集し、上野動物園(東京)でも四羽がふ化している。 (杉原雄介)
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2016063002100025.html

http://archive.is/hh6T3
http://archive.is/Ubjn4
http://archive.is/RuxdY
http://archive.is/vqoIG

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: