2016年06月30日

建設でもめた「恐竜のテーマパーク」公開(愛知県)【NNNニュース2016年6月30日】(オオタカ/既報関連ソースあり)

 名古屋市緑区の大高緑地に建設された恐竜のテーマパーク「ディノアドベンチャー名古屋」が7月1日にオープンとなり、30日に報道公開された。ディノアドベンチャー名古屋は、大高緑地の約2ヘクタールの広さに巨大な「動く」恐竜約30体が展示された森をカートに乗って走るアトラクションという。今回は先行オープンで、徒歩で約600メートルの遊歩道を12体の「動く恐竜」を見て歩くコースとなっているということで、入場料は大人600円、中学生以下は400円ですべてのコースの完成時期は未定。ディノアドベンチャー名古屋の建設をめぐっては、日本野鳥の会など約50団体がオオタカの営巣地が近く自然を守りたいなどとして、建設への抗議や署名が提出されたり、名古屋市では建設中止を求める陳情書や環境調査を求める請願書も提出されている。建設を許可した愛知県は「今年のオオタカの営巣を確認している。進め方は適切」としている。
http://www.news24.jp/nnn/news86230550.html

動く実物大恐竜「怖い〜」 大高緑地で1日、施設仮開業【中日新聞2016年7月1日】
「ディノアドベンチャー名古屋」の内覧会で恐竜に驚く子どもら=名古屋市緑区の大高緑地で

 名古屋市緑区の県営公園・大高緑地に一日、恐竜のテーマパーク「ディノアドベンチャー名古屋」がプレオープンする。三十日、地元の子どもらを招いた内覧会があった。

 公園北西部にある丘の西向き斜面を活用。森林内にティラノサウルスやアロサウルスなどの実物大模型十二体が配され、来場者がコースを歩いて来ると、首を左右に振ったりほえたりして反応する。

 内覧会には、地元の風かおる幼稚園の園児ら百人が参加。恐竜の動きに「キャー」「怖い」と声を上げていた。年長の広瀬莉奈ちゃん(6つ)は「びっくりして怖かったけど、すごく楽しかった」と笑顔を見せた。

 施設を手掛けたエヌエーオー(岐阜県郡上市)の社長谷口潤さん(31)は、内覧会で「夢と感動を与え、太古を連想させる施設。お年寄りから子どもまで家族連れで楽しんで」とあいさつした。

 施設の完成度は現時点で全体計画の40%ほど。八月下旬以降、再度工事し、最終的には自動カートに乗って三・二ヘクタールの敷地を回れるようになる予定。入場料は、一般六百円、中学生以下四百円。

 (高田みのり)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20160701/CK2016070102000064.html

http://archive.is/Gcr7b
愛知 「恐竜パーク」今週着工 名古屋・大高緑地【中日新聞2016年3月2日】
愛知 恐竜パーク騒音審議へ 緑区の環境審、3月下旬以降【中日新聞2016年2月20日】

posted by BNJ at 23:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: