2016年07月01日

北海道)お花見の試練、ヤマゲラ勝った ヒナ巣立つ【朝日新聞デジタル2016年7月1日】

巣穴のヒナにエサを運ぶヤマゲラの親鳥=旭川市(神田博さん撮影)

 薄い黄緑色のキツツキ、ヤマゲラが旭川市の神楽岡公園の森で子育てをし、ヒナたちが次々と巣立っていった。

 撮影した同市の動物写真家神田博さん(67)によると、神楽岡公園の森では、ヤマゲラが毎年のように巣穴を掘って抱卵するが、花見シーズンと重なり、途中で巣を放棄する年が続いていた。今年はバーベキューの煙にもめげず、親鳥がヒナたちにせっせとエサを運ぶなど懸命に子育てした結果、6月27日までに巣立ったという。

 ヤマゲラは体長約30センチ。日本最大のキツツキのクマゲラより小さく、アカゲラより大きい。ユーラシア大陸に広く分布するが、日本で見られるのは北海道だけ。同じような黄緑色のキツツキを本州で見たら、それはアオゲラだ。(深沢博)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6W5GVVJ6WIIPE02V.html

http://archive.is/aYGrb

posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: