2016年07月01日

ジェンツーペンギン 子ども無事に生まれる 南知多ビーチランド /愛知【毎日新聞2016年7月1日】

 南知多ビーチランド(美浜町奥田)で29日、ジェンツーペンギンの赤ちゃんが生まれた。5月に産卵が確認されて以降、他のペンギンとの争いもなく無事にふ化した。

 生まれたのは父マロン(11歳)と母ダイヤ(7歳)の子。性別は今後確認する。体重は推定70〜80グラム。マロンとダイヤが交代で赤ちゃんを抱き、1〜3時間おきに消化した魚を食べさせている。

 親子は一般公開エリアで飼育しているが、赤ちゃんは小さく、あまり顔が見えない。このため、モニターカメラを設置し、親が体勢を変えた時に見られるようにした。

 赤ちゃんは生後約50日で黒い幼鳥の羽へ変わり、約60日で親と同じ大きさに成長するという。【林幹洋】
http://mainichi.jp/articles/20160701/ddl/k23/040/296000c

http://archive.is/RKFqg
愛知 ペンギン夫婦、卵温め 南知多ビーチランド【中日新聞2016年6月8日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: