2016年07月01日

ライチョウ 12個全てふ化、順調に生育中 乗鞍岳で採卵【毎日新聞2016年7月1日】

 環境省は1日、大町山岳博物館(長野県)で国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウの卵2個がふ化したと発表した。これで生息地の乗鞍岳(長野、岐阜県境)で今年採卵された12個全てがふ化した。ひなは12羽とも順調に生育中という。

 同博物館と上野動物園(東京都)、富山市ファミリーパークの3カ所に4個ずつ配分され、6月26日から次々とふ化した。昨年は採卵した10個から9羽が生まれたが、同パークの雄3羽のみ育った。今年誕生したひなが育てば、来春にこの雄3羽との人工繁殖に着手する。【久野華代】
http://mainichi.jp/articles/20160702/k00/00m/040/063000c

http://archive.is/YINXF

富山)ライチョウ全て誕生 ファミリーパークで人工孵化【朝日新聞デジタル2016年7月1日】
18年ぶりの産声 大町ライチョウ2羽ふ化【信濃毎日新聞2016年7月1日】
人工孵化、大きく育て ライチョウ4羽誕生 上野動物園【朝日新聞デジタル2016年6月27日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: