2016年07月05日

海遊館 ペンギンとアシカの赤ちゃん次々誕生 /大阪【毎日新聞2016年7月5日】(ミナミイワトビペンギン/ジェンツーペンギン/既報1ソース)

 大阪市港区の「海遊館」は、南極などに生息するジェンツーペンギンのひなが3羽誕生したと発表した。同館では6月、絶滅の恐れがあるミナミイワトビペンギンのひな3羽と、カリフォルニアアシカの赤ちゃん1頭が誕生しており、ベビーラッシュに沸いている。

 海遊館によるとジェンツーペンギンのひなは普段、親のおなかの下に隠れているが、時折、顔やお尻をのぞかせる。ミナミイワトビペンギンのひなはよちよち歩きを始めたばかり。アシカの赤ちゃんは泳ぎの練習に励んでいるという。

 海遊館の担当者は「かわいらしい赤ちゃんと子育ての様子を観察し、命の誕生の素晴らしさを感じて」と話している。
http://mainichi.jp/articles/20160705/ddl/k27/040/434000c

海遊館でベビーラッシュ 愛らしいペンギンとアシカ【産経フォト2016年6月30日】
よちよち歩きを始めたミナミイワトビペンギンのひな。右は親=6月28日、大阪市の海遊館(同館提供)
親のお腹の下から顔を出すジェンツーペンギンのひな=6月29日、大阪市の海遊館(同館提供)
 大阪市港区の「海遊館」は30日までに、南極などに生息するジェンツーペンギンのひなが3羽誕生したと発表した。同館では6月、絶滅の恐れがあるミナミイワトビペンギンのひな3羽と、カリフォルニアアシカの赤ちゃん1頭が誕生しており、ベビーラッシュに沸いている。
 海遊館によるとジェンツーペンギンのひなは普段、親のおなかの下に隠れているが、時折、顔やお尻をのぞかせる。ミナミイワトビペンギンのひなはよちよち歩きを始めたばかり。アシカの赤ちゃんは泳ぎの練習に励んでいるという。
 海遊館の担当者は「かわいらしい赤ちゃんと子育ての様子を観察し、命の誕生の素晴らしさを感じて」と話している。
http://www.sankei.com/photo/story/news/160630/sty1606300013-n1.html

http://archive.is/W1Spt
http://archive.is/A8Utk
大学倶楽部・神戸大 ミナミイワトビペンギン人工繁殖に初成功 大阪の水族館が楠准教授と共同研究【毎日新聞2016年6月24日】
ペンギンのひな3羽が世界初? 人工授精ベビーか 大阪【朝日新聞デジタル2016年6月15日】
ミナミイワトビペンギン ひな3羽6年ぶりふ化 海遊館【毎日新聞2016年6月6日】
海遊館 絶滅危機のペンギン、人工繁殖に挑戦 成功すれば世界初【毎日新聞2016年5月19日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: