2016年07月03日

田んぼアート コウノトリ舞う 但東 /兵庫【毎日新聞2016年7月3日】

羽ばたく様子を稲で描いたコウノトリの田んぼアート=兵庫県豊岡市但東町で、柴崎達矢撮影
 豊岡市但東町正法寺の田んぼに、太陽を背に羽ばたくコウノトリを描いた田んぼアートが登場した。2011年から毎年、コウノトリをテーマにさまざまな絵柄を描いており、今回で6回目。

 5月20日、ホテル「シルク温泉やまびこ」の北側にある縦約60メートル、横約30メートルの田んぼで、コシヒカリのほか白、赤、紫がかった黒の3色の稲が育つ古代米の計約8万株を、ホテルの従業員が植えた。

 コウノトリの田んぼアートを企画した「シルク温泉やまびこ」の奥田清喜社長は「田植えの少し前、コウノトリ2羽が上空を舞っており、縁起がいい。観光客や地元の人に見てほしい」と話している。【柴崎達矢】
http://mainichi.jp/articles/20160703/ddl/k28/040/275000c

http://archive.is/2berp

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: