2016年07月06日

(203)カンピロバクターとは? : 大手小町 【読売新聞2016年7月6日】

 ママ友一家が、大きな鶏のから揚げを夕飯に食べたあとに食中毒にかかって大変だったそうですが、その原因が「カンピロバクター」だったとのことでした。「カンピロバクター」について、どんなことに気をつけたらいいか教えてください。

回答 下痢の原因になる「微生物」

 カンピロバクター属は家畜や家禽かきん(鳥類に属する家畜のこと。ニワトリ、ウズラ、七面鳥など)の腸管や生殖器に感染する微生物です。

 1970年代にヒトの下痢症の原因であることが確認され、感染性腸炎の原因菌として広く認識されるようになりました。

 どんな食品が原因? 感染予防のために注意することは? ⇒ 詳しくはこちら

参考資料:

・「最新感染症ガイドR―Book2012」日本小児医事出版社、2013年10月発行(編集:米国小児科学会、監修:岡部信彦・川崎市健康安全研究所所長)

・国立感染症研究所ホームページ「カンピロバクター感染症とは」

監修:大阪府済生会中津病院 感染管理室室長、国立感染症研究所 感染症疫学センター客員研究員・安井良則氏
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/childcare/hirotereqa/20160705-OYT8T50104.html

http://archive.is/Woqc6

posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: