2016年07月08日

希少種繁殖・保護支援へ=動植物園の認定制度新設−環境省【時事ドットコム2016年7月7日】(トキ/既報関連ソースあり)

 希少種の繁殖や保護に取り組む動植物園を後押ししようと、環境省は新たに認定制度を設ける方針を固めた。地方自治体が設置する動植物園は、入園料をはじめとする収入だけで運営が成り立つケースが少ないという実情を考慮。認定施設への助成や規制緩和といった支援策を用意する。
 有識者で構成する検討会や、中央環境審議会(環境相の諮問機関)で制度の詳細を詰め、2017年の通常国会に種の保存法改正案を提出したい考えだ。
 同法は、研究や繁殖目的で許可を得た場合などを除き、希少種の捕獲や譲渡を禁止。国内希少種としてトキやイリオモテヤマネコを、国際希少種としてジャイアントパンダやトラを指定している。
 新制度では、これらの繁殖や保護を行う動植物園を認定。財政的に支援するほか、(1)繁殖目的の譲渡を国の許可なしに行えるようにする(2)専門家を派遣したり、同じ種の繁殖に取り組む関係者をつなぐネットワークを整えたりする−ことを想定する。認定に当たっては、5年程度の飼育・栽培計画の策定などを求める方向で検討する。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016070700600&g=eco

http://archive.is/VBPe4
(教えて)動植物園の新しい認定制度、どういうものなの?【朝日新聞デジタル2016年4月19日】

タグ:トキ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: