2016年07月08日

コウノトリ 雄1羽が飛び立つ 養父・放鳥拠点施設 /兵庫【毎日新聞2016年7月8日】

 県立コウノトリの郷公園(豊岡市)は7日、養父市八鹿町の伊佐地区の放鳥拠点施設で放鳥されたコウノトリ雄2羽のうち1羽が飛び立ったと発表した。5日、ケージの天井を開放し放鳥していた。

 郷公園によると、7日午後3時15分ごろ、ケージ近くの建設会社敷地内に降り立っているのを、郷公園が委託しているモニター職員が確認した。飛び立ったのは、地元の市立伊佐小児童が「すすむ」という愛称を付けた雄。【柴崎達矢】
http://mainichi.jp/articles/20160708/ddl/k28/040/483000c

http://archive.is/QwErn
コウノトリ 元気に大きくな〜れ 養父で放鳥式典 伊佐小児童が愛称を発表 /兵庫【毎日新聞2016年7月6日】
コウノトリ 養父で放鳥 来月5日に式典 先月ふ化の2羽 /兵庫【毎日新聞2016年6月24日】

posted by BNJ at 22:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: