2016年07月16日

陸自が空包紛失、持ち去ったのはカラス?…発見【読売新聞2016年7月16日】

 陸上自衛隊第12旅団は15日、新潟県妙高市関山の演習場で空包50発を紛失して捜索したところ、演習場内で見つかったと発表した。

 発表によると、第30普通科連隊は14日午前10時10分頃、演習場で訓練を終えて装備などを点検した際、リュックサックが数個荒らされ、中に入っていた5・56ミリの空包50発がなくなっていることに気づいた。同隊員約370人で付近を捜索したところ、15日午前6時45分頃、演習場内の草むらで発見した。

 リュックサックに入っていた菓子の箱が荒らされていたことなどから、同旅団は空包がカラスなどの野鳥に持ち去られた可能性もあるとみて原因を調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160716-OYT1T50072.html

新潟)陸自、空包を一時紛失 もしかして鳥の仕業?【朝日新聞デジタル2016年7月16日】
 陸上自衛隊は、新発田駐屯地の第30普通科連隊が14日、関山演習場(上越市、妙高市)での訓練後、小火器用の5・56ミリ空包(音だけ出る演習弾)50発を紛失したと発表した。紛失した空包は翌日、紛失場所の近くで見つかった。

 陸自によると、14日午前、訓練後に装備品を点検した際、集めてあった背のうから、ベルトで連結された空包50発(約500グラム)がなくなっていることが判明。隊員約370人が捜索し、15日朝、紛失場所近くの林の中で見つけた。

 紛失時、周辺にカラスなどの鳥が飛んでいたことや、背のうの中に入れてあった菓子が周りに散らばっていたことから、鳥の仕業の可能性もあるという。
http://www.asahi.com/articles/ASJ7H51QLJ7HUOHB00R.html

犯人はカラス? 空砲一時紛失 新潟の陸自演習場【産経ニュース2016年7月15日】
 陸上自衛隊第12旅団は15日、新潟県妙高市関山の演習場で、空砲50発を紛失したため捜索した結果、演習場内で発見したと明らかにした。現場の状況からカラスが持ち去った可能性があるという。

 旅団によると、14日午前、演習場内の屋外にまとめて置いてあったリュックサックが荒らされているのに、訓練を終えた隊員が気付いた。袋に入った空砲50発がなくなっており、15日早朝、演習場内の草むらで袋ごと見つかった。袋の重さは約1キロだった。

 リュックサックに入っていた菓子の箱が荒らされており、近くでカラスが目撃されていた。訓練していた第30普通科連隊の関根静夫連隊長は「再発防止に努める」とのコメントを出した。
http://www.sankei.com/life/news/160715/lif1607150023-n1.html

http://archive.is/K762Z
http://archive.is/m4UlH
http://archive.is/iBxez

posted by BNJ at 11:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: