2016年07月16日

飼育係のとっておきタイム…鶴ヶ峰駅・よこはま動物園ズーラシア【読売新聞2016年7月16日】(フンボルトペンギン)

 8月31日まで、鶴ヶ峰駅・よこはま動物園ズーラシア。テングザル、フンボルトペンギンなどの動物の展示場前で、飼育担当者が動物について楽しく話す。午前11時のインドゾウの回では、来園者にゾウが水をかける「スプラッシュタイム」も。その他の開催時間は問い合わせ。動物の体調により内容が変更、中止の場合も。紹介する動物を季節ごとに少しずつ入れ替えながら、通年開催するイベント。火曜休。入園料800円、高校生300円、小中学生200円。045・959・1000。

 【記事の読み方】
価格表記は税込み。開催場所前の駅名は、主な最寄り駅です。料金記載のないものは無料。記事中の〈必要事項〉とは〈〒住所・氏名・年齢〉です。応募は記載要領に従い、各宛先へ。往復はがきは、返信用にも送付先を記入してください。応募多数の場合は抽選となります。個別の問い合わせは、各記事末尾の電話番号へ。

 【投稿規定】
案内記事の掲載は無料です。申し込みは、氏名と日中の連絡先電話番号を明記し、郵送(〒100・8055読売新聞東京本社シティライフ編集室)、FAX(03・6743・2625)、メール(citylife@yomiuri.com)で。受け付けは、掲載希望日の3週間前までの到着分とします。掲載できない場合の連絡や、資料の返却はできません。掲載記事は、ヨミウリ・オンラインや読売新聞地域版、読売新聞が記事配信している媒体などに転載する場合があります。

http://www.yomiuri.co.jp/citylife/go_out/play/20160714-OYT8T50049.html

http://archive.is/3kkzR

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: