2016年07月18日

動物園設立の意義知って「つくる会」がイベント【新潟日報モア2016年7月18日】

動物園の設立を呼び掛けたイベントで歌を披露した子どもたち=16日、新潟市中央区
動物園の設立を呼び掛けたイベントで歌を披露した子どもたち=16日、新潟市中央区

 公営動物園の設立を目指す市民団体「にいがたに動物園をつくる会」が機運醸成を図るイベントを16日から、新潟市中央区のNEXT21で開いている。保育園児が動物を描いた絵を展示したり、海外の動物園を映像で紹介したりして動物園設立を呼び掛けた。イベントは18日まで。

 イベントの初日には、保育園児が童謡「動物園へ行こう」を歌い、来場者にアピール。会の顧問で商業デザイナーの佐藤忠敏さん(68)=東京=が講演し、「新潟では田んぼを活用し、トキが飛んでくるような動物園を作りたい」と語った。

 家族で訪れた新潟市西区の会社員(35)は「動物園は子どもが喜ぶ。小さい子を連れて行くには、近くにあるといい」と話した。

 会は、2012年12月に発足し、署名集めを中心に活動している。県民に動物園の意義を伝えようと、9月には旭山動物園(北海道旭川市)の元園長小菅正夫さんによる講演会も開く。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20160718267895.html

http://archive.is/ArUQe

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: