2016年07月20日

田代岳でシノリガモのひな確認 県内26年ぶり【秋田魁新報電子版2016年7月20日】

大館市の田代岳で確認されたシノリガモのひな=18日午前9時半ごろ(小笠原さん提供)
 秋田県大館市の田代岳で今月、シノリガモのひな2羽が見つかった。県版レッドデータブックでは「情報不足」の鳥類に分類されており、日本野鳥の会県支部によると、県内でひなが確認されたのは1990年以来26年ぶり。

 ひなは18日午前9時半ごろ、同市長坂字上岱の会社員小笠原明信さん(65)が、岩瀬川上流部で確認した。小笠原さんは5月6日昼に田代岳で成鳥のペアを見つけ、その後は変化がないかを気に掛けて毎週のように入山していた。
(全文 697 文字 / 残り 488 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20160720AK0003/

http://archive.is/XfciH

タグ:シノリガモ
posted by BNJ at 11:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: