2016年07月21日

岐阜 長良川鵜飼、ウエルカム 個人旅行の外国人向け商品を開発【中日新聞2016年7月21日】

着物を身に着けた台湾からの観光客。外国人向けの旅行商品では、着物を借りることもできる=岐阜市湊町で(オルガン提供)

 岐阜市の長良川鵜飼の観覧を盛り込んだ個人の外国人観光客向けの旅行商品が開発された。地域活性化を図る岐阜市のNPO法人「ORGAN(オルガン)」が受け入れをする。

 参加者は夕方、鵜飼観覧船乗り場の近くにある「長良川デパート湊町店」(岐阜市湊町)に集合し、川原町の街並みを散策。その後、観覧船に乗り、アユ弁当を味わいながら鵜飼いを楽しむ。英語を話せる案内役が付く。

 JTB国内旅行企画(東京)が、外国人向け申し込みサイト「JAPANiCAN.com(ジャパニカン・ドット・コム)」上で、宿泊や移動などと組み合わせる「オプショナルツアー」として販売している。

 長良川うかいミュージアム(岐阜市長良)の見学をコースに含めることもでき、料金は日本円で八千五百〜九千円。希望者は、追加料金で着物に着替えることもできる。

 オルガンの事務局長、浅野雅樹さん(29)は「鵜飼いを見に来る外国人は団体客が中心。個人でも気軽に楽しんでもらえるようになればうれしい」と話していた。(問)オルガン=058(269)3858

 (安部伸吾)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20160721/CK2016072102000033.html

posted by BNJ at 11:19 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: