2016年07月26日

野鳥と人が蜂蜜めぐり「共生」、科学的に解明 野鳥ミツオシエによる蜂蜜案内、伝統の声使うと成功率3倍、アフリカ【ナショナルジオグラフィック日本版2016年7月26日】(既報1ソース)

モザンビークのニアッサ国立保護区で、オスのノドグロミツオシエを手に乗せるヤオ族の蜂蜜ハンター、オーランド・ヤセニ氏。ノドグロミツオシエは研究のため一時的に捕獲した。(PHOTOGRAPH BY CLAIRE SPOTTISWOODE)

 ノドグロミツオシエ(学名:Indicator indicator、英名:ハニーガイド)と呼ばれるアフリカの小鳥は、人の声を聞きとり、その意味を理解できることが、最新の研究で初めて確認された。研究結果は科学誌「サイエンス」に掲載された。

 モザンビーク北部。ある男性が声を震わせて特殊な音を出すと、ノドグロミツオシエがそれに気付く。男性は蜂蜜を求めて、ハチの巣を探しそうとしている。ノドグロミツオシエは、彼を巣の場所まで案内し、ごほうびに人間が取り出したハチの巣をもらう。

 飼い慣らされた種が人間とコミュニケーションを取れることはよく知られているが、「野生動物と人間も同じような関係を結べると示した点で、とても興味深い事例です。こうした事実は、これまで科学的に明らかにされたことはありませんでした」と、英アングリア・ラスキン大学の行動生物学者クローディア・ワッシャー氏は言う。同氏はこの研究には関わっていない。(参考記事:「音声学者がネコ語の研究を本格始動」)


ヤオ族の蜂蜜ハンター、オーランド・ヤセニ氏が、切り倒した木の幹を割り、ハチの巣を取り出す。ニアッサ国立保護区にて。(PHOTOGRAPH BY CLAIRE SPOTTISWOODE)

 人間とミツオシエの関係は長い。数百万年とはいかないまでも、数千年にわたり助け合って生きてきた。ノドグロミツオシエは木から木へ飛んで、鳴きながら人を誘導し、ハンターたちをハチの巣に案内する。巣を取り出すという骨の折れる仕事は、人間の役目だ。

 人間とノドグロミツオシエは協力し合うことで、互いの不得手を補っている。ノドグロミツオシエはハチの巣を見つけ出すのが得意だが、エサとする巣の蝋を盗もうとすると、ハチに刺されて死んでしまう危険がある。そこで、人間が斧を振るって木を割り、中からハチの巣を取り出す。さらに火をたいて、煙でハチの攻撃を抑える。人間は「ハチの巣を探すのは得意ではありません」と、英ケンブリッジ大学と南アフリカのケープタウン大学で研究する野外生物学者のクレア・スポッティスウッド氏は語る。

【動画】ミツオシエと人間の蜂蜜探しを追跡する
ノドグロミツオシエと呼ばれるアフリカの野鳥は、その名の通り、人に蜂蜜のありかを教えてくれる。そのコミュニケーションを英国の研究者が追跡した。(音声は英語です)
決まった鳴き声で意思疎通

 以前タンザニアとケニアで行われた研究で、鳥の助けがあると、人間が蜂蜜を入手しやすくなるとわかっていた。だがスポッティスウッド氏らの研究チームが知りたかったのは、鳥と人とのコミュニケーションが一方通行なのか、情報の行き来があるのかという点だった。

 研究チームは、モザンビークのニアッサ国立保護区に住むヤオ族の人々からボランティアの蜂蜜ハンターを募集。ヤオ族は漁業と農業を営み、現金はほとんど持たない。蜂蜜は彼らにとって大きなカロリー源であり、おやつでもある。(参考記事:「ケニアのミツバチ、致死病原体に負けず」)


ニアッサ国立保護区にすむメスのノドグロミツオシエ。(PHOTOGRAPH BY CLAIRE SPOTTISWOODE)

 ノドグロミツオシエを呼ぶとき、ヤオ族の男性は決まった声を出す。それぞれが父親から教わったもので、スポッティスウッド氏はこの声を「ブルルル、フッ」と呼んでいる。鳥について行く間、彼らはこの声を出し続けてノドグロミツオシエにハチの巣を探させる。蜂蜜採りに行く時以外、この声を出すことはない。

 ヤオ族のボランティアによる実験では、ノドグロミツオシエは伝統的な「ブルルル、フッ」という声を聞くと、別の言葉や音を聞いたときよりも、ハンターを誘導する確率が2倍に高まることが判明した。

 また、ハンターが「ブルルル、フッ」という声を出し続けると、別の音を出し続けた場合に比べ、ノドグロミツオシエの助けでハチの巣を見つけられる確率が3倍になった。

 スポッティスウッド氏は、この結果は「人間と、飼育下にない野生動物との間にもコミュニケーションが存在し、動物の側もそれを理解している」ことを示すと話している。


巣から採った巣蜜。(PHOTOGRAPH BY CLAIRE SPOTTISWOODE)

蜜月は長くない?

 他の研究で、野生のイルカが漁師を助けて漁獲量を増やし、イルカがその見返りに魚をもらっているという事例も示されている。しかし、人間とイルカが特別なシグナルをやり取りしているかは明らかになっていない。(参考記事:「クジラやイルカは“歓声”を上げる?」)

「ノドグロミツオシエにはおそらく、他者をハチの巣へと案内する先天的な習性があるのでしょう。しかし、人間と協力し合うためには、地元の人々が使うシグナルを解釈する必要があります」とスポッティスウッド氏。(参考記事:「【動画】賢い鳥、イソップの難題をあっさり解決」)


ニアッサ国立保護区で、ハチの巣から巣蜜を取り出すヤセニ氏。(PHOTOGRAPH BY CLAIRE SPOTTISWOODE)

 米エール大学の進化人類学者のブライアン・ウッド氏は、今回の研究には関わっていないが、鳥と人間との協力に関する「重要な」立証だと評価する。ウッド氏とスポッティスウッド氏は現在、アフリカの別の地域にいる人々も、ハチの巣を採りに行く際、ノドグロミツオシエにシグナルを送っているのか探っている。

 この調査は急いで進める必要がある。アフリカでは、蜂蜜を採る代わりに砂糖を買う人が増えており、鳥とのユニークな関係が薄れていくかもしれないからだ。

 現時点では、人とノドグロミツオシエとの交流にはまだ「豊かな文化的多様性」が見られるとスポッティスウッド氏は言う。「手遅れになる前に、ぜひ解明したいと考えています」

文=Traci Watson/訳=高野夏美
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/072500045/

野鳥と人との「親密な関係」 科学的に分析【AFPBB News2016年7月22日】
鳥と人のシルエット。パキスタン・ラホールで(2011年6月14日撮影、本文とは関係ありません)。(c)AFP/Arif Ali
【7月22日 AFP】アフリカの人々は何世代もの間、ハナバチの巣と蜂蜜を見つけるために、ミツオシエと呼ばれる野鳥と手を結んできたが、この珍しい親密関係を世界で初めて科学的に分析したとする研究結果が21日、発表された。

 ミツオシエと人とのこの関係は、両者に恩恵をもたらしてきた。人は煙を使ってハチをおとなしくさせ、蜂蜜を採集する。ミツオシエはその間に、巣の蜜ろうを食べる。

 今回の研究では、この「連携作業」の新たな様相が見事に浮き彫りにされている。研究チームは、モザンビークのヤオ(Yao)族集落のハンターたちが特定の呼び声を使うと、ミツオシエが人を蜂蜜へ誘導するように促される可能性が大幅に上昇することを確認したのだ。

 ミツオシエも人を見つけるために特定の鳴き声を使う。人がこの鳴き声に対して、「ブラララーフン」と音を震わせる高い声と短く低いうなり声を上げる呼び声で応答すると、簡単な言葉や、別種の鳥の鳴き声で応答した場合に比べて、ミツオシエが蜂蜜へと誘導する確率は、はるかに高くなる。

 英ケンブリッジ大学(University of Cambridge)と南アフリカ・ケープタウン大学(University of Cape Town)の研究者、クレール・スポティスウッド(Claire Spottiswoode)氏は「この伝統的な『ブラララーフン』の呼び声を使うことで、ミツオシエが人を誘導する確率が33%から66%に上昇した」と説明。そして、「誘導に従ってハチの巣が見つかる全体的な確率は、対照実験用の音との比較で、16%から54%に上昇した」ことにも触れた。

 ミツオシエは、サハラ以南アフリカ全域でみられる野鳥で、人々がミツオシエを誘うのに使う呼び声は地域によって異なる。

 ミツオシエはまた、自らの利益のために他種の鳥を利用する。例えば、ミツオシエはカッコウの巣に卵を産み付ける。ミツオシエのひなは、自分たちで巣を独占できるよう、ふ化してから数日以内に、先端がかぎ形になったくちばしを使ってカッコウのひなを殺してしまう。

 スポティスウッド氏は、「ノドグロミツオシエは、他者をだまして利己的に利用すると同時に、他者と協力関係を築くのに長けている。まさに鳥類界の『ジキルとハイド』だ」と指摘する。

「ミツオシエと人との関係に関して特筆すべき点は、おそらく数十万年という長い年月にわたって、人との相互作用を自然淘汰(とうた)を通じて進化させてきた可能性が高いことと、自由生活下の野生動物がその関係に関わっていることだ」(スポティスウッド氏)

 この協力関係を1588年に初めて文書に書き残したのは、ポルトガル人のジョアン・ドスサントス(Joao dos Santos)宣教師だ。同師は、現在のモザンビークにあった教会の中に、ミツオシエがろうそくを食べに入ってくるのを見たと記している。

 ドスサントス師はまた、ミツオシエが木から木へ飛び移りながら鳴き声を上げて、人をハチの巣に導く様子についても書き記しており、人々が蜂蜜を採れれば、ミツオシエは蜜ろうにありつけたとしている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3094878

http://archive.is/wRKxX
http://archive.is/ffU4x

posted by BNJ at 11:59 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: